基礎知識

【マヌカハニーとハチミツの違いは?】マヌカ蜜の価格が高い3つの理由

マヌカハニー蜂蜜違い

マヌカハニーとハチミツの違いや価格が高い理由を知りたい人向け。

マヌカハニーは普通のハチミツと何が違うのかな。価格も高いし、数字によっても値段が違う。その理由を知りたいな。
マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
マヌカハニーならでの理由があるよ。

人気のマヌカハニーは普通のハチミツと比べて価格が数倍から数十倍もすることで知られています。

一般的にマヌカハニーが持つ特別な効果があるから高いんじゃないの?と思われているかもしれませんが、実は、意外な理由も価格が高くなる原因になっています

このコラムでは、マヌカハニーの価格が普通のハチミツと比べてなぜ高くなっているかが分かります。

そこで、今回は「【マヌカハニーとハチミツの違いは?】マヌカ蜜の価格が高い3つの理由」をご紹介します。

マヌカハニーとハチミツの違い:採蜜できる時期や期間

マヌカの花
普通のはちみつは百花蜜とも呼ばれ、数種類の蜜が集められていることが一般的。一部、そば蜜やミカン蜜など花蜜の特徴的な蜜もありますが、基本は百花蜜です。

一方、マヌカハニーのマヌカは、ニュージーランドで12月頃に咲く白い花。その花から蜂が集めた蜜がマヌカハニーです。採蜜できる時期や期間が限られており、1年のうちで4~6週間ほどしかありません。それだけ量が限定されることになります。

さらに、マヌカハニーと呼ぶためにはマヌカ花粉の含有量が大部分を占める必要があり、蜜源の多くは山奥の人が歩いてはいけないような場所にあります。

そのため、一部の蜜源にはヘリコプターで採取することがあるくらいです。それだけ量が取りにくく、採蜜するのにも手間がかかっています。

↑目次へ戻る

マヌカハニーとハチミツの違い:抗菌活性のある特別な成分

MGO
マヌカハニーと普通のハチミツとの一番の特徴な違いは特別な成分が含まれているかどうかです。

その成分は、抗菌作用の成分であるMGO(メチルグリオキサール)です。

普通のハチミツにも過酸化水素という難しい名前の成分にも抗菌作用もありますが、さらに加えてマヌカハニーにはMGOが含まれています。

  • 普通のハチミツ:過酸化水素水
  • マヌカハニー:過酸化水素水+MGO(メチルグリオキサール)

つまり、マヌカハニーには普通のハチミツに備わっている抗菌作用に加えて、MGOが加わっていることになりますね。

さらに、もともとメチルグリオキサールはマヌカの花蜜にあるわけではなく、ジヒドロキシアセトンという成分から長い時間をかけてMGOに変換されます。

多くのメーカーではマヌカハニーを採蜜したあとも長期保存し、半年~2年かけて熟成(MGOへの変換)して出荷されています。

そのため、MGO成分の含有量が多くなればなるほど時間もかかることで、普通のはちみつのように採蜜してすぐ出荷するわけにはいかないのです。

マヌカハニー数値の違い
【マヌカハニーUMF MGO TA NPA MGS】数値の違いと意味は?【マヌカハニー数値の意味やUMFとMGOの違いを知りたい人向け】マヌカハニーのUMFとMGOの違いは何かな。数値が色々あるけど、意味の違いやどれがおすすめなのかも知りたいな。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

マヌカハニーとハチミツの違い:輸送コスト


マヌカハニーのマヌカの花は、ニュージーランドとオーストラリアのごく一部の地域にしか自生していないため輸入するしかありません。

通常マヌカハニーを日本へ輸入をする際には、航空便と船便があります。航空便では輸送コストが高くなるため、船便を利用する会社が多いのが現実でしょう。

この時、船便だと南半球に位置するニュージランドから日本へ輸送する時に最も温度が高くなる赤道付近を通過します。

高温になるとマヌカハニーに限らず普通のハチミツでも成分が壊れてしまうので、輸送中は温度管理された配送方法を取らざる得ないため、価格に反映されてしまうということになります。

↑目次へ戻る

マヌカハニーはMGOやUMF数値によって価格が違う

普通のハチミツなら種類が同じであれば価格が同じであることが一般的です。しかし、マヌカハニーはMGOレベルによって価格が大きく異なります。

MGO以外にもUMFという数値があります。UMFはユニークマヌカファクターと呼ばれ、MGOと同様に抗菌活性を示す指標になっています。

メーカーやブランドによって、MGOやUMFだけのもの、さらには両方記載されているものもあり、共に数値が大きいほど価格が高くなります。

例えば、日本でも有名なブランドであるマヌカハニー社マヌカハニーで比較してみましょう。

  • マヌカヘルス社マヌカハニーMGO550+(UMF16+)500g:約8,700円
  • マヌカヘルス社マヌカハニーMGO400+(UMF13+)500g:約7,300円
  • マヌカヘルス社マヌカハニーMGO263+(UMF10+)500g:約6,000円

(Amazon.co.jpで調査)

市場価格で比較してみると、MGOやUMF数値によって価格の差があることが分かると思います。おおよそMGO数値が100増えるごと約1,000円も価格が違っています。

↑目次へ戻る

マヌカハニーとハチミツの違いのよくある質問

よくある質問
マヌカハニーと普通のはちみつとの違いで、よくある質問について回答しています。

  • Q1.普通のはちみつと食べ方は同じ?
  • Q2.国産はあるの?
  • Q3.どこで買えるの?

Q1.普通のはちみつと食べ方は同じ?

マヌカハニーもはちみつなので食べ方に決まりはありません。ただ、普通のはちみつはパンなどに塗って食べることが多いと思いますが、マヌカハニーは目的によって食べ方が違います。

例えば、風味を楽しむためや味が苦手な人はパンなどに塗っても構いませんが、抗菌作用を期待しているのであれば、そのまま食べるほうがおすすめです。

基本的な食べ方は空腹時に少量(小さいスプーン1杯)を毎日食べるほうがいいでしょう。

マヌカハニー食べ方
【マヌカハニーは寝る前がいい?】効果が出る食べ方や使い方【マヌカハニーの効果が出やすい食べ方や使い方を知りたい人向け】マヌカハニーは寝る前に食べると効果的と聞いたけど、なぜかな。美味しく食べるおすすめの方法や使い方を知りたいな。。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

Q2.国産はあるの?

マヌカハニーはニュージーランドだけしか採蜜されないと思われがちですが、実はオーストラリアの東海岸付近でもマヌカの木があります。

そのため、現在、ニュージーランドとオーストラリアでマヌカハニーの商標を巡って争いが起こっています。

例えば、シャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのみがシャンパンと名乗れるように、マヌカハニーの名称を保護しようとしています。

まだ決着していませんが、マヌカハニーと名乗れるかどうかで価格が大きく変わるので、どちらの国にとっても大きな問題になっています。

もちろん、日本の国産マヌカハニーはありません。そのため、日本で市販されているマヌカハニーはニュージーランドからの輸入に頼っています。

↑目次へ戻る

Q3.どこで買えるの?

普通のハチミツではあれば近くのスーパーなどに置いていますが、変わったハチミツなどは百貨店に入っている専門店で購入することになるでしょう。

特に、マヌカハニーは普通のスーパーに置いていることは少なく、はちみつ専門店や外国産の食品を扱うスーパー、通販が一般的です。

マヌカハニー販売店
【どこで買えばいい?】マヌカハニーが買える販売店まとめ【マヌカハニーが買える販売店を探している人向け】ニュージーランド在住者が「安心してマヌカハニーを買うには、どこで買えばいいんだろう。おすすめの販売店があれば知りたい。通販と通販ではない販売店との違いも知りたいな。」といった要望にお応えしますね。...

↑目次へ戻る

マヌカハニーとハチミツの違いまとめ

今回のコラムでは、「【マヌカハニーとハチミツの違いは?】マヌカ蜜の価格が高い3つの理由」をご紹介しました。

マヌカハニーが普通のハチミツとの違いは「採蜜できる時期や期間が限定されている」「特別な成分がある」「輸送コストが高い」の3つでした。

ただ、最近はメーカーやブランド同士の競争も激しくなっているので、タイミングによっては相場よりも安くマヌカハニーが買えることもあります。

せっかく普通のハチミツよりも値段が高いマヌカハニーを選ぶのであれば、正しい知識を知っておくことが大切ですね。

↑目次へ戻る

\信頼できるブランドなら/✓NZ在住者がおすすめ!