ブランド一覧

【マヌカエンポリアム マヌカハニー レビュー 】ガラス容器に重厚感があるパッケージが魅力

マヌカエンポリアム

マヌカエンポリアム マヌカハニーの特徴を知りたい人向け。

マヌカハニーを探していたらマヌカエンポリアム(Manuka Emporium)のブランドを見つけたんだけど、どのようなマヌカハニーなのかな。見た目にオシャレなパッケージが良さそうなだけどな。
Mitsuki
Mitsuki
プレゼントに最適なマヌカハニーだよ。

ニュージーランドにはマヌカハニーのメーカーやブランドが日本と比べて数多くあるので、どれを選んでいいか分からないこともあります。

そのなかでも最近になって日本で販売が始まった「マヌカエンポリアム マヌカハニー」があります。

そのため、まだまだ日本では見かけることが少ないですが、見た目や風味も優れているので個人的には今後浸透していくブランドになりますね。

そこで、今のうちにマヌカエンポリアム マヌカハニーの特徴を知っておきましょう!

そこで、今回は「【マヌカエンポリアム マヌカハニー レビュー 】ガラス容器に重厚感があるパッケージが魅力」をご紹介します。

マヌカエンポリアム マヌカハニーの特徴

マヌカエンポリアム

UMF表記 なし
MGO表記 あり
検査証明書 なし
公式サイト https://manuka-emporium.com/

マヌカエンポリアムは、ニュージーランド全土から季節ごとに入手できる最高級のマヌカハニーを集めています。

大手のマヌカハニーメーカーでは、品質を一定にするために各地から集められたマヌカハニーをブレンドしていることが一般的です。

ただ、マヌカエンポリアムのマヌカハニーは単一の地域と同じ種類の蜂蜜のみで作られているのが大きな特徴です。そのため、異なる地域から調達したマヌカハニーを混合していることはありません。

さらに、各マヌカエンポリアム容器には登録されているマスター養蜂家の署名だけでなく、追跡可能なバッチ番号がついています。

ガラス容器を上から見ても伝統的な感じがしますね。

MGO280+表記があります。

Master Beekeeperのサインも入っていますね。自信の表れです。

実は、マヌカハニーとってもMGO数値が小さいものにはUMFやMGO数値の記載があったとしてもBeekeeper(養蜂家)やバッチナンバーが記載されているのは数少ないといえます。

そのような安心できるマヌカハニーの見た目や風味はどのような感じなのでしょうか?

↑目次へ戻る

マヌカエンポリアム マヌカハニーの見た目や風味

こちらはマヌカエンポリアムMGO280+ですが、まるで焼きキャラメル状態でとても美味しそうに見えます。

すごくフレッシュな感じがしていますね。

実際に食べてみると、マヌカハニーの独特な風味が強くなく、濃厚な風味が口の中に広がります。

このようなマヌカエンポリアムのマヌカハニーは、公式サイトから購入できます。

↑目次へ戻る

マヌカエンポリアム マヌカハニー レビュー まとめ

今回、このコラムは「【マヌカエンポリアム マヌカハニー レビュー 】ガラス容器に重厚感があるパッケージが魅力」をご紹介しました。

マヌカエンポリアムは、数多くあるブランドの中でも珍しいガラス容器に入った重厚感があるマヌカハニーです。特に、オシャレな伝統柄のパッケージが目を引きます。

なので、マヌカハニーをプレゼントしたいという人には1個からでも十分に渡しがいがあります。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。