食べ方

【マヌカハニーの食べ方】食べ過ぎはダメ?おすすめの効果的に美味しく食べる方法5選

マヌカハニー食べ方

マヌカハニーのおすすめの食べ方を知りたい人向け。

いつ、どのくらい食べればいいんだろう。食べ過ぎはよくないのかな。効果はいつから出るかも知りたい。美味しく食べるおすすめの食べ方を知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
マヌカハニーの効果的な食べ方を知っておこう。

マヌカハニーの口コミや評判を見ていると、効果なかったという意見が見つかることがあります。でも、本当に効果がなかったのでしょうか?

もしかすると、効果が実感できなかったのはマヌカハニーの食べ方が間違っているからかもしれません。

つまり、せっかく価格の高いマヌカハニーを食べても効果的な食べ方をしていなければ、効果なし!となりかねません。

そこで、今回は「【マヌカハニーの食べ方】食べ過ぎはダメ?おすすめの効果的に美味しく食べる方法5選」をご紹介します。

このコラムで分かること(読み飛ばしができます)

マヌカハニーのおすすめの食べ方5選

マヌカハニー食べ方
マヌカハニーの食べ方は、以下の5つの方法がおすすめです。

  • 1、そのまま食べる
  • 2.パンなどに塗る
  • 3.ヨーグルトに混ぜる
  • 4.水やお湯に入れて飲む
  • 5.コーヒーや紅茶に入れる

1.そのまま食べる

マヌカハニーを食べるなら、そのまま食べるのが一番おすすめです。特に空腹時に食べるのが効果的と言われています。

2.パンなどに塗る

マヌカハニーの独特な風味が苦手な人もいます。そういった人はパンやクラッカーに塗って食べるのも方法の一つです。もし、風味だけを楽しみたいならUMFやMGOといった数値がないor低いマヌカハニーを選びましょう。

3.ヨーグルトに混ぜる

胃腸と整える効果を期待しているなら、ヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。マヌカハニーには善玉菌を増やす作用があるとされています。

4.水やお湯に入れて飲む

マヌカハニーを水やお湯に入れると飲みやすく美味しく簡単に食べられるでしょう。寝起きの白湯(さゆ)に入れて飲むと寝ている間に失った水分補給と胃腸を温める作用も期待できます。

5.コーヒーや紅茶に入れる

砂糖の代わりにマヌカハニーをコーヒーや紅茶に入れることもおすすめです。MGOは熱に強いですが、蜂蜜は38度以上になると徐々に栄養素が壊れていきます。温度は50度以内に抑えましょう。

↑目次へ戻る

マヌカハニーを効果的に食べる方法

マヌカハニーを効果的に食べるには、1日1回の寝る前30分~1時間前に小スプーン(約5g)を食べて寝るだけです。

理由は、「空腹時の就寝中は胃腸の動きが活発になる時間帯であること」と「のどなどに長くマヌカハニーがとどまりやすいこと」です。

もちろん、1日に数回食べてもいいのですが、最低でも1日1回、さらに朝と晩の2回を食べることをおすすめします。ただ、食べ過ぎても得られる効果は限定的なので、食べ過ぎには注意しましょう。

↑目次へ戻る

マヌカハニーを食べる時の注意点

マヌカハニーをそのまま食べるのがおすすめですが、注意すべきポイントがあります。

  • 1.1日スプーン1杯でOK
  • 2.金属製のスプーンは避ける
  • 3.食べ過ぎには注意

1日スプーン1杯でOK

マヌカハニーを食べる量は、1日スプーン1杯(約5g)でも十分に効果を期待できます

少量で効果が得やすいのがマヌカハニーの特徴です。もちろん、朝と晩の1日2回食べるのもおすすめです。

↑目次へ戻る

2.金属製のスプーンは避ける

スプーンはできるだけ金属製のスプーンは避けるようにしましょう。金属が抗菌作用の主要成分であるMGO(メチルグリオキサール)を壊すとされています。

【マヌカハニーのスプーン】なぜ金属はダメ?木のスプーンがおすすめな理由【マヌカハニーのスプーンは金属ではないほうがいい理由を知りたい人向け】食べるなら金属製より木製やプラスチック製のスプーンのほうがいいと聞いたけど、なぜかな。木がおすすめな理由も知りたいな。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

3.食べ過ぎには注意

マヌカハニーを一度にたくさん食べても効果は限定的です。なので、毎日継続して少量を食べることがおすすめです。

某テレビ番組などでは、はちみつを1日30gまで食べてもいい量とも言われていますが、これは蜂蜜にはカロリーもあるので、食べ過ぎは太る原因となるためです。

マヌカハニーのカロリー
【マヌカハニーのカロリー】太らない?小さじ1杯分のエネルギーを砂糖と比較してみました【マヌカハニーのカロリーで太るかどうかを知りたい人向け】マヌカハニーのカロリーはどのくらいあるのかな。甘いから食べると太りそう。小さじスプーン1杯分ならどのくらいのカロリーや成分、栄養素を知りたいな。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

マヌカハニーを食べる続けるコツ

マヌカハニーは少量を毎日食べ続けるのが効果的です。そのためには、食べ続けやすい習慣をつけることが大勢です。そこで、食べ続けるコツを紹介します。

  • 1.食べる時間を決めておく
  • 2.目立つ場所に置いておく
  • 3.周囲(家族など)を巻き込む

1.食べる時間を決めておく

食べる時間がバラバラだと、つい食べ損ねてしまうとそのままになってしまうものです。そこで、食べる時間やタイミングを決めておくことがおすすめです。

↑目次へ戻る

2.目立つ場所に置いておく

台所の棚に置きっぱなしの人や毎回置く場所が違う人は、食べ忘れを招きやすくなります。目につきやすい場所に置いておくのがポイントです。

↑目次へ戻る

3.周囲(家族など)を巻き込む

一人だとつい忘れてしまう人は、家族など周りの人を巻き込んでマヌカハニーを食べ続けやすいように声かけをしてもらいましょう。

↑目次へ戻る

マヌカハニーの食べ方のよくある質問

マヌカハニーの食べ方で、よくある質問に回答します。

Q1.マヌカハニーの効果はいつから?

マヌカハニーを食べる目的によって期待できる効果が異なりますが、一般的には最低でも2~3ヵ月継続する必要があります。

↑目次へ戻る

Q2.ザラザラした食感があるけど大丈夫?

マヌカハニーのなかには糖度が高い場合や単一の蜜源で採蜜した場合には、ザラザラ(結晶化している状態)になっていますが、風味はもちろん問題ありません。

マヌカハニーざらざら
【マヌカハニーのザラザラ感】食べても大丈夫?シャリシャリしている3つの理由と対処法【食感がザラザラやシャリシャリしている理由を知りたい人向け】マヌカハニーを食べようとしたら、食感がザラザラしたり、シャリシャリ感じるのはなぜだろう。品質は問題なく大丈夫なのかな。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。 ...

↑目次へ戻る

Q3.食べてはいけない人は?

マヌカハニーも蜂蜜なので食べてはいけない人もいます。特に1歳未満の乳児には絶対に食べさせていけません。その他にも糖尿の方やアレルギーも控えておきましょう。

はちみつ食べてはいけない
【回答】こんな人は蜂蜜を食べてはいけない!マヌカハニーを食べちゃダメな人は?【はちみつを食べてはいけない人はだれか知りたい人向け】蜂蜜を食べてはいけない人がいると聞くけど、どういう人がダメなの?マヌカハニーも食べてはいけない人は同じかな。こういった疑問にニュージーランド在住者が紹介します。...

↑目次へ戻る

Q4.賞味期限や保存方法は?

一般的な蜂蜜と同様に約2~3年です。保存方法は日の当たらない冷暗所がおすすめです。冷蔵庫に入れると結晶化してしまうので止めておきましょう。

賞味期限と保存方法
【マヌカハニーの賞味期限や保存方法】開封後は?冷蔵庫に保管するべきではない理由とは【マヌカハニーの賞味期限や正しい保存方法を知りたい人向け】開封後と未開封でマヌカハニーの賞味期限や保存方法は違ってくるのかな。冷蔵庫に入れて保管しているけど、消費期限の期限切れでも食べられるか知りたいな。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

マヌカハニーのおすすめの食べ方まとめ

今回のコラムでは、「【マヌカハニーの食べ方】食べ過ぎはダメ?おすすめの効果的に美味しく食べる方法5選」をご紹介しました。

マヌカハニーは貴重な蜂蜜として人気になるにつれて価格も高くなってきています。

そのため、1個だけでも数千円と決して安くはないので、効果的にマヌカハニーを食べたいと思いますよね。

ただ、もったいない食べ方をしているので、目的に応じて食べ方を工夫するのがおすすめです。

マヌカハニーの食べ方の基本は、1日1回空腹時に小スプーンで1杯食べるだけでOK!一度に多くの量を食べるよりも継続することが大切です。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。

ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。

エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。