ブランド一覧

【マヌカドクター マヌカハニー レビュー】口コミ・評判を徹底検証|ビーベノムで有名なブランド

マヌカドクター

マヌカドクター マヌカハニーの特徴や口コミ・評判を知りたい人向け。

マヌカハニーを探しているとマヌカドクターのブランドが気になるな。どのようなマヌカハニーなのかな。口コミや評判を知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
ニュージーランドでは毒蜂のブランドとしても有名だよ。

ニュージーランドにはマヌカハニーのメーカーやブランドが日本と比べて数多くあるので、どれを選んでいいか分からないこともあります。

そのなかでも、蜂毒を使用したスキンケアでも有名なブランドが、「マヌカドクター」です。

その人気は海外のセレブにも広まり、ニュージーランドではスキンケアのブランドとしても有名です。

ただ、日本ではiHerbなどの通販サイトぐらいでしか販売がされていないので、どのような特徴なのかや口コミや評判が気になる人もいるでしょう。

そこで、今回は「【マヌカドクター マヌカハニー レビュー】口コミ・評判を徹底検証|ビーベノムで有名なブランド」をご紹介します。

マヌカドクター マヌカハニーの特徴

マヌカドクター
UMF表記 なし
MGO表記 あり
検査証明書 なし
公式サイト https://www.manukadoctor.co.nz/(英語)

マヌカドクターは、1909年に設立された会社で毒蜂(ビーベノム)やローヤルゼリーなどの美容系のコスメを販売するブランドとしても有名になっています。

その特徴は、ニュージーランドの北島と南島で20人以上の養蜂家から集められたマヌカハニーを大量に製造できるので価格が安いこと。

多くのマヌカハニー養蜂メーカーは家族経営なので、生産量も限られていて価格を抑えることが難しいですが、マヌカドクターは大手メーカーなので高品質なマヌカハニーを価格を抑えて販売できています。

ニュージーランドのスーパーで市販されているマヌカハニーも一般的な抗菌活性レベルと比較しても買いやすい価格になっています。

このマヌカドクター マヌカハニーの風味は「なめらかであっさり」した印象でした。濃厚が特徴のマヌカハニーのなかでも食べやすく感じる人もいるでしょう。
マヌカドクターのマヌカハニー
ただ、マヌカドクター マヌカハニーを選ぶ際には注意すべきポイントがあります。

それは、以前「Bio Active(バイオアクティブ)」という会社独自の表記方法を使用していましたが、リニューアル後はMGO表示に変更されています。

さらに、マヌカドクター マヌカハニーには「モノフローラル(Monofloral)」と「マルチフローラル(Multifloral)」の2種類の表示があります。

モノフローラルとは純粋なマヌカだけを使用した蜂蜜。そして、マルチフローラルはマヌカ以外の花蜜が混ざった蜂蜜です。

例えば、下記は「マルチフローラル」となっています。MGO数値だけで選ぶと、純粋なマヌカハニーを選んでいない場合があります。

ゴールドラベルがモノフローラル、オレンジラベルがマルチフローラルなので選ぶ際には注意しましょう。

↑目次へ戻る

マヌカドクター マヌカハニーの口コミ・評判

マヌカハニー選びで気になるのが、口コミや評判。価格も高いので試してみてからというのも難しいですよね。

そこで、マヌカドクター マヌカハニーの口コミ・評判を集めてみました。

Mitsuki
Mitsuki
バイオアクティブの表記はリニューアル後にはなくなり、現在はMGO表記になっているよ。

Mitsuki
Mitsuki
価格が安いという意見があるね。

Mitsuki
Mitsuki
味も満足しているという意見も多いよ。

全体的な口コミ・評判としては良い意見が多く、他のブランドと比べると価格が安い点も評価されています。ただ、UMF表記がなくMGO表記だけなのが不安という意見もありました。

↑目次へ戻る

マヌカドクター マヌカハニー 一覧

マヌカドクター マヌカハニーのなかでも、純粋なモノフローラルである「ゴールドラベル」が人気です。

マヌカドクター マヌカハニー MGO550+ 250g

マヌカドクターMGO550+は、UMF表示ではUMF16+相当です。

マヌカドクター マヌカハニー MGO425+ 250g

マヌカドクターMGO425+は、UMF表示はUMF12+~UMF13+相当です。

マヌカドクター マヌカハニー MGO250+ 250g

マヌカドクターMGO250+はUMF表示は、UMF9.7+相当です。

↑目次へ戻る

マヌカドクター マヌカハニー レビューまとめ

今回、このコラムは「【マヌカドクター マヌカハニー レビュー】口コミ・評判を徹底検証|ビーベノムで有名なブランド」をご紹介しました。

マヌカドクターは毒蜂(ビーベノム)などでも海外セレブに人気なので、どちらかというと生マヌカハニーというイメージは少ないかもしれません。

マヌカドクター マヌカハニーを選ぶ際は、「Bio Active(バイオアクティブ)という表記からリニューアル後はMGO表記へと変更されている」こと、さらに「モノフローラルとマルチフローラルの2種類がある」ので注意しましょう。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。