プロポリス

【マヌカハニーとプロポリスの違い】どちらがいい?効果を比較しました

プロポリス

マヌカハニーとプロポリスの違いを知りたい人向け。

プロポリスも殺菌作用があると聞くけど、詳しくは知らないな。どのようなもので、どういう効果があるのかな。マヌカハニーとの違いも知りたいな。
効果の違いを紹介を紹介するよ。

マヌカハニーとプロポリスは同じ蜂が作り出す産物ですが、その原料や効果などの違いは意外と知られていません

なので、どちらが自分にとっておすすめなのかな?と疑問に思う人もいると思います。

マヌカハニーとプロポリスの違いを簡単に比較した表は、以下のとおりです。

マヌカハニー プロポリス
原材料 マヌカの花から採蜜された蜂蜜 樹液と蜂の体液を混ぜたもの
産地 ニュージーランドとオーストラリアの一部地域 中国、ブラジルを中心とする全世界
見た目や味 生蜂蜜の独特な風味があり、基本は甘いい サプリメントなどが一般的で、ピリピリ感あり
主要な成分 抗菌活性成分MGO(メチルグリオキサール) 産地により異なるがアルテビリンC,CAPEなど
主な効果 胃腸を整える、風邪などの不調からの回復 風邪など身体の不調からの予防
注意点 1歳未満の子どもに与えてはいけない 6歳以下の子どもや喘息の人は食べてはいけない

ただ、どちらを選ぶかは、それぞれの違いや特徴を詳しく知っておくことが大切です。

そこで、今回は「【マヌカハニーとプロポリスの違い】どちらがいい?効果などを比較しました」をご紹介します。

マヌカハニーとプロポリスの5つの違い

マヌカハニーとプロポリスは同じ蜂が作り出すものですが、作られた方から効果まで全くといっていいほどの違いがあります。

1.原料の違い

プロポリスとは、樹木の樹液と蜂の分泌液が出来た黒い物質で、プロが壁、ポリスが城を意味し、巣の入り口に塗って菌などの外敵などから巣を守る役割があります。

そのため、プロポリスには高い抗菌作用があるとされています。ただ、マヌカハニーにも高い抗菌作用があるので、何が違うんだろう?と疑問に思っている人もいると思います。

マヌカハニーはニュージーランドに咲くマヌカ花蜜から採蜜できる蜂蜜そのもの、一方、プロポリスは樹液と蜂の体液から作られる黒い物質で蜂が加工したものです。

Mitsuki
Mitsuki
原材料は全く違うものだよ。

↑目次へ戻る

2.産地の違い

産地の違いは、マヌカハニーはニュージーランドとオーストラリアの一部地域、そして、プロポリスは中国やブラジルを含め全世界です。

Mitsuki
Mitsuki
マヌカハニーは国が限定されているね。

↑目次へ戻る

3.見た目や味の違い

マヌカハニーは生の蜂蜜、味は独特な風味があり好みが分かれます。一方、プロポリスはサプリメントやのど飴などに利用され、味はピリっとした食感あり美味しいとは言えないでしょう。

Mitsuki
Mitsuki
食べ方が全く違い、味はどちらも独特だね。

↑目次へ戻る

4.主要な成分の違い

原料の違いは、そのまま効果の違いにも関係してきます。マヌカハニーにはマヌカ花蜜に含まれるMGO(メチルグリオキサール)という抗菌活性の成分により高い抗菌作用があります。

一方、プロポリスにも高い抗菌作用がありますが、それ以外にも産地によってアルテビリンCやCAPEといった成分です。

Mitsuki
Mitsuki
主要な成分の違いがあるね。

5.主な効果の違い

マヌカハニーには高い抗菌作用で胃腸を整える役割があり、さまざまな不調から回復を早めるといった効果が期待できます。一方、プロポリスは高い抗菌作用と酸化を抑える抗酸化作用もあることから予防を目的とした効果があります。

Mitsuki
Mitsuki
回復と予防の違いだね。

↑目次へ戻る

マヌカハニーとプロポリスはどちらがいいの?

結局、マヌカハニーとプロポリスはどちらがいいのかと知りたい人いるでしょう。

どちらを選べばいいかの大きなポイントは、効果の違いです。

マヌカハニ 胃腸を整える、風邪などの不調からの回復を早める
プロポリス 風邪など身体の不調にならないように予防をする

あとは、生はちみつかサプリメントなどの食べやすさや風味の違いがあるので、そちらは好みになりますね。

Mitsuki
Mitsuki
迷ったらマヌカハニーをおすすめしているよ。

↑目次へ戻る

マヌカハニーとプロポリスは併用可

マヌカハニーとプロポリスの効果は重なっている部分と異なる部分があるので、併用するとさらに効果が期待できます。

ただ、両方併用しても大丈夫なの?と心配に思う人もいるでしょう。

結論から言うと、2つを併用しても問題はありません。最近はマヌカハニーとプロポリスが配合されたのど飴も市販されているようになっています。

↑目次へ戻る

マヌカハニーとプロポリスの注意点

マヌカハニーとプロポリスを食べる上で注意すべきことがあります。マヌカハニーとプロポリスは共に蜂由来の製品などのアレルギーに気を付ける、喘息人は食べてはいけないなどがあります。

さらに、マヌカハニーとプロポリスでは食べてはいけない年齢が違うので注意が必要です。

マヌカハニ 1歳未満の乳児には与えてはいけない
プロポリス 6歳以下の子どもに与えてはいけない

プロポリスはマヌカハニーと比較して食べさせてはいけない年齢が厳しくなっています。そのため、どちらも子どもが手の届かない場所に保管するようにしましょう。

↑目次へ戻る

マヌカハニーとプロポリスの違いまとめ

今回のコラムでは、「【マヌカハニーとプロポリスの違い】どちらがいい?効果などを比較しました」をご紹介しました。

これまでマヌカハニーとプロポリスの違いをご紹介してきましたが、比較表にまとめてみました。

マヌカハニー プロポリス
原材料 マヌカの花から採蜜された蜂蜜 樹液と蜂の体液を混ぜたもの
産地 ニュージーランドとオーストラリアの一部地域 中国、ブラジルを中心とする全世界
見た目や味 生蜂蜜の独特な風味があり、基本は甘いい サプリメントなどに一般的で、ピリピリ感あり
主要な成分 抗菌活性成分MGO(メチルグリオキサール) 産地により異なるがアルテビリンC,CAPEなど
主な効果 胃腸を整える、風邪などの不調からの回復 風邪など身体の不調からの予防
注意点 1歳未満の子どもに与えてはいけない 6歳以下の子どもや喘息の人は食べてはいけない

マヌカハニーとプロポリスの違いのポイントは、効果の違いです。重なっている部分も多くありますが、2つの特徴を比較してどちらが自分に合っているかを考えましょう。

>>>【2021年版】プロポリスの信頼できるブランドおすすめ8選

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。

ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。

エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。