選び方

【マヌカハニーの小分け】どれがいい?携帯用の個包装パックおすすめ6選|2021年版

マヌカハニーの小分け個包装パックについて知りたい人向けです。

外でも食べられるマヌカハニーのスティックが人気らしいけど、持ち運びやすいかな。おすすめや個包装の使い方を知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
色々なことに使えます。

最近、マヌカハニーを小分けした「スティックタイプ」が人気です。

某アイドルがマヌカハニーのスティックを食べていることがテレビ番組で紹介されて、さらに知られるようになりました。

確かに一般的な容器を持ち歩くのは難しいので、簡単に外出先で食べられる小分け包装は便利ですよね。

では、どのようなマヌカハニーの小分けタイプがあるのでしょうか?

そこで、今回は「【マヌカハニーの小分け】どれがいい?携帯用の個包装パックおすすめ6選|2021年版」をご紹介します。

ただ、「とにかく、どれがいいの?」と早く知りたい人もいるでしょう。

そのような場合は「マヌカエンポリアム スナックタイプ」がおすすめ。MGO263+(UMF10+相当)グレードで、価格が安いのが魅力。

価格や内容量は下記のサイトをご確認ください!

>>>公式サイト

マヌカハニーの小分け・個包装の選び方

選び方は、以下の3つです。

  • 1.MGO/UMF数値で選ぶ
  • 2.形状タイプで選ぶ
  • 3.ブランドの信頼性で選ぶ

1.MGO/UMF数値で選ぶ

小分けタイプといっても、MGOやUMF表記があるものと無いものがあるので、まずは数値があるのかないのかを確認しましょう。

特に、マヌカハニーの効果を期待するなら、MGO263+(UMF10+)以上のアクティブ・マヌカハニーがおすすめです。

2.形状タイプで選ぶ

小分けのタイプには、「スナップパック」と「ステック」2つのタイプがあります。

どちらがいいかは使い勝手によりますが、内容量が多く、絞り出しやすいいのはスティックタイプです。

3.ブランドの信頼性で選ぶ

マヌカハニー選びの基本は、ブランドの信頼性です。日本の企業もオリジナルブランドとして販売しているので、有名なメーカーを選びましょう。

特に、ニュージーランドの養蜂メーカーが販売しているものが信頼性が高くおすすめです。

↑目次へ戻る

マヌカハニーの小分け・個包装おすすめ6選

携帯用マヌカハニー小分け包装ブランドから厳選した6ブランドを紹介します。

1.マヌカエンポリアム スナックタイプ

マヌカエンポリアムは濃厚な風味が魅力。MGO263+(UMF10+)と効果が期待できるグレードです。

>>>公式サイト

2.TCN社 マヌカハニー小分けタイプ

MGO550+(UMF13+相当)マヌカハニー1箱10包装入りで、より効果を期待しているならおすすめのレベルです。

3.ハニーマザー スナップタイプ

ハニーマザー社のUMF協会認定ブランドなの上、UMF10+なので効果も期待できるのでプレゼントとしてもおすすめです。

4.MY HONEY KISS(マヌカブレンド)小分け

ナッツの蜂蜜漬けで有名なMY HONEYのスティックタイプ。UMF5+でオシャレなのでプレゼントにもおすすめ。

5.マヌカヘルス スナップパック

ニュージーランドの有名養蜂メーカーマヌカヘルス社のマヌカハニー小分け包装タイプです。MGO100+とMGOレベルは高くないものの、持ち運びも簡単です。

6.杉養蜂園 マヌカハニースティック

杉養蜂園が市販する90本セットのスティックタイプ(MGO表記なし)。90本入りなので、1本あたり約88円と格安。

↑目次へ戻る

マヌカハニーの小分け・個包装の使い方

持ち運びができるマヌカハニーの小分けタイプですが、それ以外にも以下のメリットがあります。

  • 1.食べる習慣をつけやすい
  • 2.料理やお菓子作りにも使いやすい
  • 3.プレゼントして渡すのに便利く

1.食べる習慣をつけやすい

簡単に持ち運びができる小分けタイプですが、意外と便利なのが「マヌカハニーを食べ続ける習慣をつけやすい」こと。

マヌカハニーを食べると身体に良い影響があるのは分かっているけれど、いちいち容器からスプーンでマヌカハニーをすくって、食べた後にスプーンを洗うという手間が結構大変です。

洗わずにスプーンを置いておいたらアリが群がっていたということも。その点、スナックパックやステックなどの小分けタイプは食べきりなので、食べた後はゴミ箱に捨てるだけ。

↑目次へ戻る

2.料理やお菓子作りにも使いやすい

最近はマヌカハニーを料理やお菓子のアクセントに使うということも多くなっています。

独特な風味のあるマヌカハニーなので、少量でも十分にその風味を味わうことができます。

その際、料理やお菓子に入れるときにもスナックパックやステックであれば、簡単に入れることができるのも魅力です。

5gという内容量は多くも少なくもないので、お菓子のように重量が重要になる場合には、いちいち計量していれる手間が省くことができます。

↑目次へ戻る

3.プレゼントとして渡すのに便利

マヌカハニーはプレゼント品としても人気ですが、最初は食べていたけど、徐々に食べなくなってほったらかしという人も

さらに、はじめてマヌカハニーを食べたけど、独島の風味が苦手で残してしまったということもありえます。

そういったことがないように、最初から小分けタイプをプレゼントしておけば、お試しでもしダメなら誰かに渡すことができるのがメリットです。

さすがにボトル容器を開けたのに誰かに渡すのは気がひけますよね。

↑目次へ戻る

マヌカハニーの小分け・個包装まとめ

今回のコラムでは、「【マヌカハニーの小分け】どれがいい?携帯用の個包装パックおすすめ6選|2021年版」をご紹介しました。

マヌカハニーを日常的に食べるなら、ボトル容器に入ったものを準備しておくのが価格的にも安くなりますが、旅行や出張などの外出先では小分けタイプなら便利さがメリットです。

小分けといっても5gと、一般的にボトル容器から食べる量おすすめと変わらないので、毎日継続して食べ続けようと思っている人には意外と便利です。

料理やお菓子にも入れるときに簡単なので、自分でマイボトルを作ってみるのもおすすめです。

小分けタイプのマヌカハニーを購入する際はメーカーやブランドによってMGO/UMF記載の有無や数値の違いがあるので、選ぶ際によく確認することが大切です。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 500gは、2~3ヶ月分で信頼度とコスパの良さが魅力です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、グレードが多く、同じブランドで挑戦しやすいのが特徴です。