基礎知識

【生と非加熱の違い】マヌカハニーは加熱しても効果は変わらない?

マヌカハニー加熱

マヌカハニーの生と非加熱の違いや加熱したら効果がどうなるか知りたい人向け。

生はちみつ(ローハニー)と非加熱は違うのかな。マヌカハニーは加熱したら効果の違いが出るのか知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
どれだけ加熱しているかどうかも品質に関係するよ

皆さんは、生はちみつ(ローハニー)と聞いたことがありますか?

実は、市販されている蜂蜜のなかにはRaw Honey(生はちみつ)と表示されているものがあります。

蜂蜜を選ぶ時に何なくローハニーのほうがフレッシュな感じでいいのかな、と思われている人もいると思います。

そのローハニーとよく似た言葉で「非加熱」という言葉も混在してよく使われています。ただ、その2つの意味を知っていないと間違った選び方をしているかもしれません。

そこで、今回は「【生と非加熱の違い】マヌカハニーは加熱しても効果は変わらない?」をご紹介します。

マヌカハニーの生はちみつ(ローハニー)と非加熱の違い

実は、この「生(ロー)」の表示には、定義や決まりがありません

「生」と聞くと、巣箱から蜂蜜を取り出して、そのままろ過して容器に入れているとイメージしている人もいるでしょう。でも、実は、ほとんどの蜂蜜は低温で加熱処理がされていることが普通です。

もちろん、個人経営で取り立ての蜂蜜を容器に入れている場合もありますが、どうしても長期保存を考えると加熱処理をせざるを得なくなります。

さらに、そのまま遠心分離機などで収穫した蜂蜜には蜂の死骸やゴミ、雑菌が混ざった状態です。そのため加熱をすることによって、それらを除去するためにある程度の過熱は必要になってきます。

なので、加熱処理された蜂蜜でもローハニーとして流通させていることがよくあります。これは、マヌカハニーに限らず、一般的なはちみつも同様です。

そのため、生はちみつ(ローハニー)だからといって非加熱のことを表しているわけではないのです。

↑目次へ戻る

生マヌカハニーは非加熱はちみつか?

マヌカハニーを選ぶ時に「非加熱はちみつ」と記載された容器を選んでも、実ははちみつに加熱されていないことはほぼあり得ません

一般的に売られているマヌカハニーは一旦、過熱されたものががほとんどです。

では何故、過熱をするのかというと、はちみつの巣箱からはちみつを取り出し、そのあと一般的にフィルターを通して時間をかけて抽出します。

このフィルターを通すには、ある程度の「熱」が必要だからです。マヌカハニーを食べたことがある人は分かると思うのですが、マヌカハニーは普通のはちみつと比べて半固形状です。この半固形の状態でフィルターをそのまま通過させるのは困難だからです。

さらに、過熱することによってはちみつに含まれる水分が蒸発し、生産効率が上がるのも理由のひとつです。「蜂の巣」の温度は約37度と言われているので、それ以上の熱を加えると、酵素やビタミン・ミネラルなどの栄養素は失われるとされています。

良心的なはちみつメーカーは、独自の定義で「非加熱」=「ある一定の温度以上は加熱していない」ことを表示している場合もあります。

最後にMGO活性値の検査を行ってボトリングしますが、充填を促進するための高温処理は行いません。エンジェルビーン・マヌカハニーは収穫~充填まで、全ての工程において自然の蜂巣の体温(約38℃)以上に熱せられないように行います。

出典:Angel bean(Amazon.co.jp)

↑目次へ戻る

マヌカハニーのHMF含有量検査

低温の加熱処理が一般的ですが、一部、意図的に加熱している場合があります。

それは、マヌカハニーに水飴や果糖ぶどう糖液糖を加えて、粘度を上げるために加熱して水分を飛ばすという加工処理をしたものが、市場に出回っている可能性があります。

加熱することで糖度を上げ、さらに蜂の巣からマヌカハニーを抽出しやすくするために行われます。ただ、本来のマヌカハニーとは言えないので、ニュージーランド政府は厳しく規制をしています。

それを調べる検査が、HMF含有量検査です。

過剰な熱が加えられていないかどうか調べる検査が、マヌカハニーに含まれれるHMF(ヒドロキシメチルフルフラール)を測定するHMF含有量検査です。

HMF(ヒドロキシメチルフルフラール)とは 糖の熱分解により生成される物質で、蜂蜜がどの程度加熱されたかの目安となります。

一般的な蜂蜜には一定以下の加熱処理はされていますが、蜂蜜中のHMF含有量が40㎎/㎏以下で許容範囲となる品質基準となっています。

この基準はニュージーランドのマヌカハニー協会が規定するUMF規格の検査項目の一つにもなっています。

↑目次へ戻る

マヌカハニーを加熱したら効果は変わる?

一般的にはマヌカハニーを加熱して食べるということはしないと思いますが、熱い飲み物(コーヒーや紅茶など)に入れることはあると思います。

実は、マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)は熱に強く、熱い飲み物などに入れても成分が壊れないことで知られています。

ただ、気を付けたいのが、マヌカハニーに限らず蜂蜜は一定の温度以上だと色々な成分が壊れるということです。

蜂蜜には豊富なアミノ酸やミネラルなど含まれていますが、蜂の巣内の温度である37~38度を超えると有効成分が失われます。

↑目次へ戻る

マヌカはにいーの生と非加熱の違いと加熱後の効果まとめ

今回のコラムでは、「【生と非加熱の違い】マヌカハニーは加熱しても効果は変わらない?」をご紹介しました。

生はちみつ(ローハニー)という定義や決まりは統一されていないので、生産者によって表示している場合があります。但し、日本国内では関連団体によっては規制をある場合も。

ただ、ローハニーを表示することは消費者側にも誤解を生む可能性もあるので、どちらが良いのかということは分かりません。

マヌカハニーに限ってはローハニーや非加熱の表示が問題であるかという以前に、意図的に加熱した粗悪品が問題化しています。

加熱処理をすることで糖度が増したり、MGO(メチルグリオキサール)含有量を増やす偽物が流通しないようにニュージーランド政府や現地のマヌカハニー協会などがが規制をしています。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。

ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。

エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。