ブランド一覧

【エアボーン マヌカハニー レビュー】花粉含有率を記載している珍しいブランド!

エアボーン

エアボーン(Airbone)マヌカハニーの特徴を知りたい人向け。

「エアボーンというマヌカハニーには70+とか記載されているけど、どのようなメーカーなのかな。口コミや評判も知りたいな。」

こういった疑問にニュージーランド在住のマヌカハニー男子が回答します。

当サイトではブログを書きつつ、現地からマヌカハニーの最新情報をお伝えしています。

近年、マヌカハニーがテレビでも取り上げられるようになり、多くの方に知られるようになったマヌカハニー

そのせいもあって、マヌカハニーには色々なメーカーやブランドが増えてきて、それぞれの特徴や違いが分かりにくくなっています。

ただ、メーカーやブランドによって風味や価格も違うので、どれを選んでいいのか悩んでしまいがちです。

特に、MGOに似た花粉含有率をパッケージ容器に記載しているのが「エアボーン」です。

そこで、今回は「エアボーン マヌカハニーのレビュー」を紹介します。

エアボーン マヌカハニーの特徴を知って、蜂蜜ライフを楽しみましょう!

エアボーン マヌカハニーの特徴

エアボーン社は、1910年ニュージーランド南島のバンクス半島にて創業を開始したメーカー。その後、カンタベリーに拠点を移し、ニュージーランドのスーパーでも最も見かけるといっていいほど有名なブランドになっています。

エアボーンのマヌカハニーは独自の花粉含有率を表示しているので表示に気を付けるべきブランドです。

それは、メーカー独自の指標として「花粉含有率」が表示しているから。花粉含有率(ポーレン%)とは蜂蜜にマヌカがどのくらい含まれているかを示したものです。

左端に書かれているが花粉含有率、78%となっています。例えば、マヌカハニー選びで気を付けたいのが「70+」という表示があっても必ずしもMGOの量を表していないということです。

というのも、ニュージーランドのマヌカハニー協会に所属していないブランドでは、メーカー独自で指標を付けている場合があります。

抗菌活性レベルを表示していないマヌカハニーは、表示しているものと比べて価格が安いのでマヌカハニーの風味を楽しみたい人におすすめですが、間違えて購入するケースも起こります。



こちらは70+ような花粉含有率の表示がないマヌカハニーです。

他の花蜜も含んでいるのでピーナッツバターのようなクリーム色で、特徴的な強い香りもあり味はクセが少なく味がマイルドになっています。

エアボーン マヌカハニーの口コミ・評判

マヌカハニー選びで気になるのが、口コミや評判。価格も高いので試してみてからというのも難しいですよね。そこで、エアボーン社マヌカハニーの口コミ・評判を集めてみました。

口コミや評判の一例を挙げると・・・

マヌカの花粉含有量が表示しているものには他の花蜜が混ざっているので、蜂蜜の色がキャラメル状のクリーム色になっていることがあります。エアボーンがその特徴的ブランドです。

エアボーン マヌカハニー一覧

エアボーン マヌカハニー レビュー まとめ

本コラムは「【エアボーン レビュー】MGOではない数値を表示しているマヌカハニー」をご紹介しました。

エアボーンはMGOやUMF表記の代わりに「花粉含有率」を表示している独特な会社。

そのため、MGOやUMFと間違えて購入しないように注意しましょう。ただ、ブランドはニュージーランドでは有名なブランドなので、安心して食べることできます。

特に、UMFやMGO表記のないマヌカハニーは価格が安くておすすめです。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
エアボーンでは花粉含有率を表示しているので選ぶ時には注意しましょう!
マヌカハニーの信頼できるブランドおすすめ10選