食べ方

【マヌカハニーのスプーン】金属はダメは本当?木製やプラスチック製がおすすめな理由とは

マヌカハニーを食べるなら金属のスプーンは使わないほうがいいのか知りたい人向け。

食べるなら金属製より木製やプラスチック製のスプーンのほうがいいと聞いたけど、本当かな。なぜそのように言われるんだろう。理由を知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
金属がダメと言われる理由と本当のところを紹介しますね。

金属製のスプーンを使っていませんか?実は、マヌカハニーを食べるときに食べるなら金属でできたスプーンは使わないほうがいいといわれています。

スプーンなんてどれも同じじゃないのと思われがちですが、食べるなら木やプラスチックでできたスプーンがおすすめです。

では、なぜ金属のスプーンで食べないほうがいいのでしょうか?

そこで、今回は「【マヌカハニーのスプーン】金属はダメは本当?木製やプラスチック製がおすすめな理由とは」をご紹介します。

ハニーディッパー
【ハニーディッパー】使い方や洗い方は?どこで買える?はちみつ専用のすくう棒とは【ハニーディッパーとは何か、使い方と洗い方を知りたい人向け】はちみつ専用スプーンと言われるハニーディッパーとは、何かな。クマのプーさんが使っているような気がするけどな。使い方や洗い方、どこで買えるか知りたい。こういった疑問に回答します。...

マヌカハニーのスプーンは金属NGの理由

結論から言うと、マヌカハニーの金属製スプーンでも食べても問題はありません

では、なぜ金属はダメと言われるのでしょうか。

実は、はちみつが金属を酸化させるとも言われ、マヌカハニーの抗菌活性成分MGO(メチルグリオキサール)が壊れやすいとされているためです。

そのため、金属スプーンで食べる事で変質してしまうのではないかと言われています。

ただ、マヌカハニーを食べる直前にすくう短時間で変質になることは考えにくいというのが理由です。

瓶に金属製のスプーンをそのまま入れておけば何かしらの変化は起こることは考えられますが、ほとんどの場合はしないでしょう。

なので、スプーンは金属でも問題はありません。

とはいえ、どうせ使うなら木製のスプーンをおすすめします。では、なぜでしょうか?

↑目次へ戻る

使うなら木のスプーンがおすすめな理由

金属製スプーンを使っても問題ありませんが、雰囲気を出すなら木のスプーンを断然おすすめします。

せっかく毎日食べるのなら自然に近いものを使うのが、いいですよね。もちろん、陶器やプラスチックでも問題はありません。

ただ、ハニーディッパーと呼ばれるものは、普通の蜂蜜では便利なのですが、マヌカハニーではちょっと使いずらいかもしれません。

なぜなら、マヌカハニーはドロッとした蜂蜜ではなく、半固形に近い蜂蜜だからなのです。

ハニーディッパーを使ってしまうとスキマにマヌカハニーが詰まってしまいます。そうなると取りにくくなります。

↑目次へ戻る

マヌカハニーのスプーンおすすめ一覧

おすすめの木製スプーンを参考までにご紹介しておきます。

ストロングマヌカハニーを販売しているTCN社のマヌカハニー専用スプーン。

天然の木を使用したオーソドックスなスプーン。

なかにはマヌカハニーと専用スプーンがセットになったものもあります。

↑目次へ戻る

金属OK?マヌカハニーのスプーンまとめ

今回のコラムでは、「【マヌカハニーのスプーン】金属はダメは本当?木製やプラスチック製がおすすめな理由」をご紹介しました。

基本的にマヌカハニーを食べるのは金属製のスプーンでも問題はありません。ただ、毎日食べるのであれば木のスプーンを使うことをおすすめします。

自分にあったスプーンを探してみてもいいですね。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。