コラム

【最高レベル】価格も数値も高い最高級マヌカハニーはどれ?【MGO1000+以上】

マヌカハニーを買うなら、最高レベルのものを探している人向け。

「マヌカハニーはUMFやMGOの数値が高いほど価格が高いらしいけど、どうせ買うなら数値が大きいものを買いたいな。」

こういった疑問にニュージーランド在住のマヌカハニー男子が回答します。

はちみつの中でもマヌカハニーが選ばれるとして、高い抗菌活性力があることが知られています。

その抗菌活性レベルを表示しているのが、「UMF/MGOの数値」。

UMF/MGO数値が高ければ高いほどいいと言われているので、どうせなら数値が高いマヌカハニーが欲しくなってしまいます。

なかでも、日本で市販されている最高級レベルの数値はUMF29+(MGO1550+)の「ビーエヌゼット プレミアムマヌカハニー」です。

created by Rinker
BEENZ(ビーエヌゼット)
¥248,400
(2020/09/25 05:12:49時点 Amazon調べ-詳細)

価格がやばいこと約25万円になっています…。

そこで、今回は「【最高レベル】価格も数値も高い最高級マヌカハニーはどれ?【MGO1000+以上】」をご紹介します。

このコラムでは、「MGO1000+(UMF22+)以上のマヌカハニー」が分かります。

マヌカハニーを買うなら、UMF/MGOの最高レベルを選ぶのも方法のひとつです!

最高レベルのマヌカハニーMGO1000+(UMF22+)以上

2020年7月現在、日本でMGO1000+(UMF22+)以上を販売しているメーカーやブランドは以下のとおりです。

  • マヌカヘルス マヌカハニー MGO1000+
  • TCN ストロングマヌカハニー MGO1100+
  • エグモントハニー マヌカハニーMGO1200+
  • ビーエヌゼット マヌカハニーMGO1550+

※貴重なマヌカハニーなので、すでに販売が終了している場合もあります。

マヌカヘルス マヌカハニー MGO1000+

ニュージーランドのマヌカハニー業界2位のマヌカヘルス社が製造するマヌカハニーMGO1000+。

2020年はMGO950+のものしか採蜜できていないので、MGO1000+は貴重。上記の商品はリニューアル前のものなので、UMF表記がありませんが、正確にはUMF22+です。

TCN ストロングマヌカハニー MGO1100+

created by Rinker
TCN
¥40,410
(2020/09/25 05:12:50時点 Amazon調べ-詳細)

日本人養蜂家が生産するマヌカハニーMGO1100+。専門のマヌカハニーメーカーなので、品質検査証が添付されています。

活性強度39+は企業オリジナルの指標なので注意しましょう。詳細は公式サイトで確認するのがおすすめです。

エグモントハニー マヌカハニーMGO1200+

エグモントハニー社はニュージーランドでは有名なメーカーです。幅広いUMF/MGO数値のマヌカハニーを大量に生産しているので、全体的に価格が安いのが特徴。

ビーエヌゼット マヌカハニーMGO1550+

created by Rinker
BEENZ(ビーエヌゼット)
¥248,400
(2020/09/25 05:12:49時点 Amazon調べ-詳細)

ビーエヌゼット社のマヌカハニーUMF29+(MGO1550+)は最高級といっていいほど、ハイレベル。ニュージーランドではニュースになった程、超貴重なマヌカハニーです。

価格も約28万円です..。桁一つ違いますね。

最高レベルのマヌカハニーが高い理由

MGO1000+以上のマヌカハニーが貴重な理由は、その生産量。MGO1000+以上のマヌカハニーが採蜜できる割合はマヌカハニー生産量の約0.02%とも言われています。

さらに、どこでも採蜜ができるわけではなく、一般的なマヌカハニーメーカーは色々な蜜源からマヌカハニーを混ぜますが、MGO1000+以上ともなると単一の蜜源でしか採蜜できません。

マヌカハニーのメーカーやブランドによっては、その自信の表れで採蜜されたエリアやビーキーパーと呼ばれる生産者の名前を記載している場合もあります。

ともかく、蜜源の厳格な管理と細心の製造工程を経て作られたマヌカハニーは、ともて貴重で価格も高価になります。

最高レベルのマヌカハニーの抗菌力

一般的にMGO263+(UMF10+)以上のマヌカハニーを「アクティブ・マヌカハニー」といい病院などで使用されるレベルとされています。

それがMGO1000+ともなると、単純にアクティブ・マヌカハニー基準の4倍ものMGO量が含まれていることになります。

例えば、医学論文ではMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の抗菌作用ついての発表があります。

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)

MGO量(mg/Kg) 菌の増殖力(mean ± S.D.)
250(UMF10相当) 78.5(4.4)
400(UMF13相当) 50.5(8.8)
550(UMF16相当) 32.3(4.8)

出典:Functinal Foods in Health Disease 2014;4(5):172-181

簡単に言うと、MGO250+とMGO550+を比べると菌の増殖力が抑えられていることになります。

これがMGO1000+ともなると…という感じですね。

価格も数値も高い最高級マヌカハニーまとめ

今回のコラムでは、「【最高レベル】価格も数値も高い最高級マヌカハニーはどれ?【MGO1000+以上】」をご紹介しました。

MGO1000+以上のマヌカハニーは最近になって日本でも流通し始めました。通販でも購入ができるので、気になる方はチェックしてみましょう。

どうせマヌカハニーを選ぶなら抗菌力が高いUMF/MGO数値の高いものを選ぶも方法のひとつです!
マヌカハニーの信頼できるブランドおすすめ10選