基礎知識

【マルチフローラル マヌカハニー】効果はある?モノフローラルとの違いとは

モノフローラルとマルチフローラル

マルチフローラルとモノフローラルの違いを知りたい人向け。

マヌカハニーの容器にマルチフローラルとかモノフローラルとか書いてあるけど、何を意味しているのかな。効果に違いがあるんだろうか。
Mitsuki
Mitsuki
違いによって価格も違うことがあります。

マヌカハニーのパッケージ容器をよく見ると、「マルチフローラル」や「モノフローラル」と書かれていることがあると思います。

この2つには大きな違いがあるので、マヌカハニーを選ぶ時には違いを知って、どちらがいいのかを気をつける必要があります。

価格が安いからといって買ってみると、目的と違うマヌカハニーを購入していたなんてことも

そもそも、モノフローラルやマルチフローラルは、どのような意味があるのでしょうか?

今回のコラムでは「【マルチフローラル マヌカハニー】効果はある?モノフローラルとの違いとは」をご紹介します。

マルチフローラル マヌカハニーとは

created by Rinker
コンビタ
¥3,888
(2021/07/31 13:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはコンビタ社のマヌカハニーですが、「マルチフローラル(MULTIFLORAL)」と記載されていますね。

マルチフローラルとは、マヌカの花蜜以外にも他の花から採れた蜜を混ざっているマヌカハニーのことを意味しています。

実は、過去にマヌカハニーがニュージーランドでの生産量よりも流通量が数倍も多いことが分かっていて、純粋なマヌカハニーでないものが流通していることが分かりました。

ただ、他の花蜜が混ざっているからといって偽物というわけではありません

一定以上のマヌカが含まれていてもマヌカハニーとうたっていいけど、ちゃんと他の花蜜が混ざっていることを示すことになりました。

モノフローラル マヌカハニーとは

こちらはマヌカドクターのマヌカハニーです。小さく記載がありますが、「モノフローラル(MONOFLORAL)」と記載があります。

モノフローラルとは、純粋なマヌカの花蜜だけで作れたマヌカハニーのことです。

では、どのように純粋なマヌカハニーかどうかを確認するかというと、ニュージーランド政府が厳しく基準をもうけています。

政府による定義では「マヌカの花蜜が持つ4種類の物質の最低限度以上認められる」「4つのうち2つが基準以上」、さらに「ヌカ花粉由来のDNA検査で認められる」ことが要件になっています。

意味の違いが分かったところで、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

↑目次へ戻る

マルチフローラルとモノフローラルの違い

主な3つの違いは以下のとおりです。

  • マヌカ蜜の含有量
  • 粘度(粘り気)
  • 価格

マヌカ蜜の含有量

2つの大きな違いは、マヌカ蜜の含有量です。

ニュージーランド政府が輸出の際の基準が決めていて、その基準を満たさないものはマルチフローラルと呼ばれています。

ただ、マヌカ蜜が含まれていないわけではないので、ブランドやメーカーによっては「マルチフローラル with マヌカハニー」と記載しているものもあります。

粘度(粘り気)

もう一つの違いは、マヌカハニーの粘度。

製法によって異なるので全てが該当するわけではないですが、一般的にマルチフローラルは茶色が薄く流動状でなめらか、モノフローラルは茶色が濃く半固形であることが多いです。

特に、マルチフローラルは、溶かしたキャラメルのようとも表現されています。

価格

一般的にマルチフローラルのほうがモノフローラルと比べると価格が安くなっています

マヌカ蜜だけを使用したモノフローラルを採蜜するには、他の花蜜が混ざらないような蜜源の管理が重要です。

そのため、メーカーのなかにはヘリコプターで人里離れた山奥に採蜜することもあり、蜜源の管理に手間がかかるなどで価格が高い傾向があります。

↑目次へ戻る

マルチフローラルは効果ない?

マヌカハニーの本来の効果を考えるなら、単一蜜のモノフローラル マヌカハニーを選ぶのがおすすめです。

食べ方も他の食べ物と一緒に食べないほうがいいので、少量を食べるならモノフローラルを選びましょう。

一方、マルチフローラルもマヌカ蜜が入っていることには違いはありませんが、UMFやMGOといった数値がないものや低いものがほとんど。

そのため、効果ないとは言えませんが、あまりおすすめできません。

それよりも、風味を楽しむなら十分ですし、価格が安いので、量を気にせずパンなどに塗って食べやすいのもメリットの一つでしょう。

なので、価格だけにとらわれて記載を見逃すと間違って選んでいたかもしれないので、購入する際にどちらのマヌカハニーをよく確認しましょう。

↑目次へ戻る

ブレンド(BLEND)表記にも注意が必要

マルチフローラルという記載以外も注意すべき表現が「ブレンド」(BLEND)

ブレンドも同じく純粋なマヌカハニー以外の花蜜が混ざっているので、純粋なマヌカハニーとは言えません。

ただ、マルチフローラルと同じく、ブレンドという記載があればマヌカハニーとうたってもいいことになっているのでよく確認する必要がありますね。

例えば、マヌカヘルス社マヌカハニーMGO30+は「Blend」という記載があります。

created by Rinker
MANUKA HEALTH NEW ZEALAND
¥1,886
(2021/07/31 13:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

MGO(メチルグリオキサール)が表示されているからいいのかな、と思っていると純粋なマヌカの蜜ではなかったということも。

ただ、マヌカへル社マヌカハニーMGO30+には、もちろんMGO量が1Kg中に30mg以上が含まれているので、後は選ぶ際にどう考えるかは購入者次第です。

基本的にMGO263+/UMF10+以上については価値が高いので、モノフローラル マヌカハニーであることがほとんどです。

モノフローラル マヌカハニーを選ぶならMGO263+/UMF10+以上のマヌカハニーを選んでおけば、ほぼ間違いはないでしょう。

↑目次へ戻る

マルチフローラル マヌカハニーの効果まとめ

今回のコラムでは、「【マルチフローラル マヌカハニー】効果はある?モノフローラルとの違いとは」をご紹介しました。

せっかく価格の高いマヌカハニーを選ぶのであれば、純粋なマヌカ蜜を選ぶのがおすすめです。

独特な風味を感じられればいいと思う人には、マルチフローラルやブレンドでも十分おいしくいただくことができます。

マヌカハニーの価格だけに注目して、期待したものを購入していなかったと後で後悔するかもしれません。

純粋なマヌカハニーを選ぶときは、容器の記載内容をよく確認しましょう。

MGO263+/UMF10+以上のマヌカハニーを選んでおけば、ほぼ間違いはないですね。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。
created by Rinker
マヌカヘルス
¥7,500
(2021/07/30 21:00:38時点 Amazon調べ-詳細)

ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。