食べ方

【はちみつ白湯】飲むタイミングは?寝る前?効果とレモン入りの作り方とは

はちみつ白湯

はちみつ 白湯の飲むタイミングを知りたい人向けです。

蜂蜜を入れた白湯を飲むといいらしい。寝る前がいいのかな。朝の寝起きにも効果があると言われているけど、どうなのかな。
Mitsuki
Mitsuki
寝起きにレモンを入れてマヌカハニー白湯を飲むのがおすすめです。

朝に白湯(さゆ)を飲むほうがいい、と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

この白湯に蜂蜜を加えたものが「はちみつ白湯」です。

はちみつ白湯はコーヒーや紅茶と違ってカフェインを含まないので刺激が少なく、朝の寝起きに飲む習慣にしている人も多いでしょう。

では、なぜ朝に白湯にはちみつを加えて飲む人が多いのでしょうか?

そこで、今回は「【はちみつ 白湯】飲むタイミングは?寝る前?効果とレモン入りの作り方とは」をご紹介します。

はちみつ白湯を飲むタイミングは?

はちみつ白湯

朝の寝起きに飲んだほうがいい理由をTwitterでも下記のように紹介しました。

ただの白湯を飲むだけでも「寝ている間に失われた水分の補給」「冷えた胃腸を温める」という2つの効果があります。

特に、白湯で内臓から身体を温めると代謝と血流アップにつながって冷え性、便秘にもいいとされています。

これに加えて、はちみつにはミネラルなどの栄養素が多く含まているので、普通の白湯を飲むよりも栄養を取り込むことができます。

さらに、はちみつは砂糖よりも少量で甘さを抑えることができ、太る心配も少なく、ただの白湯だと「まずい」と感じている人にも飲みやすいでしょう。

もちろん、夜の寝る前に白湯を飲んでもいいですが、せっかくマヌカハニーを喉や胃に長くとどませるなら生のマヌカハニーがおすすめです。

Mitsuki
Mitsuki
寝る前なら生マヌカハニーのほうがおすすめだよ。

↑目次へ戻る

寝起きにマヌカハニー白湯を飲む効果

はちみつ白湯は身体にもいいとされていますが、はちみつをマヌカハニーにするだけで色々な効果が期待できます。

マヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカの花から採蜜され、高い抗菌活性の成分MGO(メチルグリオキサール)が含まれるで知られるようになりました。

そのため、マヌカハニー白湯には抗菌活性の効果も期待できると言えます。

抗菌活性を期待してマヌカハニーを入れるなら、アクティブ・マヌカハニーと呼ばれるUMF10+(MGO263+)以上レベルのものを入れるのがポイントです。

Mitsuki
Mitsuki
マヌカハニーであれば何でも抗菌活性があるわけではないよ。

↑目次へ戻る

マヌカハニー白湯の簡単な作り方と注意点

はちみつ白湯と同様に小スプーン1杯のマヌカハニーを50度以内に冷ました白湯に入れて混ぜるだけです。

この時に注意しないといけないのが、白湯の温度です。実は50度以上になるとマヌカハニーに限らず、はちみつの栄養素が失われると言われています。

さらに、マヌカハニー白湯を飲んだ後は、すぐに朝食を食べずに30分~1時間後に食べるようにしましょう。

Mitsuki
Mitsuki
50度以内にするのがポイントだね。

↑目次へ戻る

レモンもおすすめ!はちみつ白湯アレンジ法

はちみつ白湯に色々なものをプラスしてアレンジして飲むのも人気です。人気のアレンジ方法をいくつかご紹介していきましょう。

はちみつ白湯のしょうが入り

はちみつ白湯の風味に刺激を加えたいなら生姜がおすすめです。作り方は、市販の「しょうがチューブ」を入れるだけです。

はちみつ白湯のレモン入り

はちみつ白湯にレモンを入れるのもおすすめです。作り方は「ポッカレモン100」を垂らすだけ、レモンを絞らなくてもいいので簡単です。

はちみつ白湯のターメリック(ウコン)入り

はちみつ白湯にターメリック(ウコン)を入れる人もいます。風味を変えたい人にもおすすめです。

はちみつ白湯のシナモン入り

はちみつ白湯にシナモンを少々ふりかけるアレンジも人気です。

↑目次へ戻る

マヌカハニー白湯を寝起きに飲む効果まとめ

今回のコラムでは、「【はちみつ 白湯】飲むタイミングは?寝る前?効果とレモン入りの作り方とは」をご紹介しました。

朝にマヌカハニー白湯を飲むメリットは、甘く美味しい上に栄養素も取り込むことができるので、朝の寝起きに飲むのが最適です。

もちろん、そのまま生マヌカハニーを食べることもできますが、朝ならマヌカハニー白湯が飲みやすいのでおすすめです。

さらに、はちみつ白湯に色々なものをプラスして自分でアレンジされている人も多くいます。是非、色々と試してみましょう。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。