基礎知識

【マヌカハニーの摂取量】どのくらい食べればいい?1日の食べる量と注意点

マヌカハニー1日摂取量

マヌカハニーの1日摂取量はどのくらいがいいか知りたい人向け。

1日に何回、どのくらいの量を食べればいいのかな。効果が期待できる摂取量はあるのだろうか。マヌカハニーを食べる目安があれば知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
おすすめの1日の摂取量を紹介するよ。

マヌカハニーをどのくらい食べればいいんだろう?と思ったことはないでしょうか。

食べれば食べるほど効果があるように感じますよね。だからといって、食べ過ぎると逆に身体に悪い影響があるかもしれません。

実は、マヌカハニーの効果的な1日の摂取量を知っておくとコストパフォーマンスもよくなります。

そこで、今回は「【マヌカハニーの摂取量】どのくらい食べればいい?1日の食べる量と注意点」をご紹介します。

マヌカハニーのおすすめの1日摂取量

マヌカハニーの摂取量
結論から言うと、マヌカハニーの最適な1日の摂取量は約5~7g(小さじ1杯分)です。

これが、普通のハチミツなら1日の最適な摂取量は約30g(大さじ2杯分)が一般的とされているので、意外と少ないと思われたかもしれません。

実は、普通のはちみつを食べるときはパンに塗ったりシリアルに入れることが多いので、どうしても使う量が多くなってしまいます。

もちろん、1日に1杯以上を食べられるなら朝と夜の1日2回食べるとより効果が期待できます。

Mitsuki
Mitsuki
基本は1日小スプーン1杯でOKだよ。

↑目次へ戻る

マヌカハニーを1日1杯食べるときの注意点


マヌカハニーの食べ方は腹時に食べることが基本です。ただ、1日に1杯だけ食べるとするなら、寝る前の30分~1時間前に食べることが大切です。

就寝中に胃腸が活発に活動し吸収しやすくなる意外にも、のどを通過する時に長くとどまることがあるためです。

Mitsuki
Mitsuki
寝る前に食べるのがおすすめだよ。

↑目次へ戻る

マヌカハニーの摂取量が増えるとどうなる?

マヌカハニーは色々な効果が期待されていますが、独特なクセがあるのでつい食べ過ぎてしまったことがある人もいるかもしれません。

ただ、マヌカハニーを摂り過ぎてしまうと身体に悪い影響が出てしまうことがあるので注意が必要です。

  • 1.お腹をこわしてくだす人もいる
  • 2.太りやすくなる

1.お腹をこわしてくだす人もいる


マヌカハニーの口コミや評判をみてみると、胃腸が特に弱い人が高い抗菌作用のためにお腹をこわしたという意見もあります。

マヌカハニーには高い抗菌活性の成分であるMGO(メチルグリオキサール)が多く含まれていることが分かっています。このMGOが多ければ多いほど効果が期待されています。

そのため、MGO量が多いマヌカハニーを食べればいいと思われがちですが、逆にお腹をこわしてくだすと逆効果なので、心配な方は少量かMGO量が少ないものから試して食べてみましょう。

Mitsuki
Mitsuki
胃腸が特に弱い人は様子をみながら食べよう。

↑目次へ戻る

2.太りやすくなる


マヌカハニーは普通のはちみつと同じように糖質で出来ているので、摂取しすぎると糖質が多すぎて太る原因になってしまうことがあります。

普通のはちみつのカロリーは約294Kcal/100gと言われているので、大さじ2杯分(30g)なら約88Kcalとなります。意外とカロリーは高いですよね。

ただ、マヌカハニーのカロリーは約300Kcalなので、小さじ1杯分(5~7g)なら1日約15~20Kcalで済むので、特に太る原因になる摂取量にはなりません。

Mitsuki
Mitsuki
1日1杯なら太る心配が少ないよね。

↑目次へ戻る

マヌカハニーを追い蜂蜜しない食べ方

マヌカハニーに限らず蜂蜜は、パンに塗ったり、シリアルにかけたりすることが多いので、ついつい何度も「追い蜂蜜」をしてしまいがちです。

本来は少量で甘みを感じることができるのに、意外と大量の蜂蜜を使っていることもあります。

マヌカハニーを効果的に食べるなら、そのまま何もつけずに食べるがおすすめです。1日1回、空腹時に小スプーン1杯をそのまま容器から取り出すだけなので、追い蜂蜜をする必要がありません。

なので、何かにつけたりかけて食べると摂取しすぎになってしまうので止めておきましょう。

マヌカハニー食べ方
【マヌカハニーの食べ方】食べ過ぎはダメ?おすすめの効果的に美味しく食べる方法5選【マヌカハニーのおすすめの食べ方を知りたい人向け】いつ、どのくらい食べればいいんだろう。食べ過ぎはよくないのかな。効果はいつから出るかも知りたい。美味しく食べるおすすめの食べ方を知りたいな。こういった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

マヌカハニーの効果的な1日の摂取量まとめ

今回のコラムでは「【マヌカハニーの摂取量】どのくらい食べればいい?1日の食べる量と注意点」をご紹介しました。

マヌカハニーには様々な効果が期待されているので、食べれば食べるほど身体にいいんじゃないの?と思われがちですが、食べ過ぎると逆効果になっていることもあります。

特に、マヌカハニーの特別な抗菌活性成分が多くなると、中には「お腹をこわした」という意見もたまに見ることが出来ます。

さらに、砂糖よりもカロリーは低めですが、普通の蜂蜜と同じように食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまうことがあるので注意が必要です。

マヌカハニーの1日摂取量は、小スプーン1杯で十分ですが、MGOやUMFといった抗菌活性レベルが高いモノで何か悪い影響があれば低い数値を選ぶのもいいでしょう。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。

ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。

エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。