コラム

【比較表あり】マヌカハニーの信頼できる人気ブランドおすすめ10選!選び方はどうする?

おすすめブランド

マヌカハニーの信頼できる人気ブランドを選びたい人向け。

マヌカハニーの信頼できるブランドやおすすめのメーカーを比較して欲しい。MGOやUMF数値とは何かな。選び方も教えて欲しいな。
マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
ニュージーランド在住者がランキング形式でおすすめするよ

最近、様々な効果があることでテレビなどでも取り上げられれる知られるようになったのが、高い抗菌活性を持つマヌカハニー

マヌカハニーは蜂蜜なので値段も高く、偽物や粗悪品が出回っているという話もあるので、できれば安心してマヌカハニーを購入したいですよね。

ただ、マヌカハニーのメーカーやブランドは数多くあるので、どれを選んでいいのか分からないという人も少なくないと思います。

そこで、今回は「ニュージーランド在住者が厳選するマヌカハニーの信頼できる人気ブランドおすすめ10選」をご紹介します。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
NZ在住7年のマヌカハニー男子が紹介するよ

マヌカハニーの信頼できるブランドの選び方3選

メーカーやブランドを選ぶ前に、マヌカハニーの信頼できる選び方を知っておきましょう。ニュージーランドのマヌカハニーを選ぶポイントは以下の3つです。

  • ポイント1:UMF規格やMGO数値が明記されている
  • ポイント2:信頼できるマヌカハニーのブランドを選ぶ
  • ポイント3:相場より安すぎるマヌカハニーは避ける

ポイント1:UMF規格やMGO数値が正しく明記されている

マヌカハニーを選ぶ上で重要なのが、UMFやMGO数値。これらは抗菌・殺菌作用レベルを測定して出された数値ですが、この数値によって価格が大きく異なります。

厳しい基準をクリアしたマヌカハニーのみが表示できる「UMF規格マーク」や「品質検査証明書」がついていれば安心です。

ポイント2:信頼できるメーカーのマヌカハニーを選ぶ

マヌカハニーには数多くのメーカーやブランドがあり、なかにはよく知られていない無名ブランドのマヌカハニーが偽物だったという事例も報告されています。

なので、日本でも名前がよく知られている販売店からマヌカハニーを選ぶのも方法のひとつです。

ポイント3:価格が相場より安すぎるものは避ける

上記のポイントを満たそうとすると、普通は価格が高くなります。ただ、なかには賞味期限が極端に短いマヌカハニーや温度管理されていない粗悪品を相場よりも安く販売していることもあります。

どれだけ安いマヌカハニーを食べても、影響が期待できないのであれば本末転倒なので、マヌカハニーの相場を知らべて安すぎると感じるマヌカハニーを避けるのも重要です。

マヌカハニーの信頼できるブランドおすすめ10選

ブランドやメーカーが信頼できるかどうかは、ニュージーランド在住7年のマヌカハニー男性が独断で決めています

これまでにニュージーランドにある10以上のマヌカハニー専門店を訪れたり、30以上のブランドを試しています。

そのため、日本でのブランド力だけではなく、ニュージーランド現地での知名度も考慮しています。それでは、早速ランキング1位から発表です!

では、それぞれの特徴を紹介していきましょう!

1位:Manuka Health(マヌカヘルス)

created by Rinker
マヌカヘルス
¥7,499
(2020/09/29 16:42:44時点 Amazon調べ-詳細)

信頼度
特徴 ニュージーランドのマヌカハニー業界2位のブランド。青いパッケージがトレードマークで、信頼のあるMGO数値をにお最初にラベルに表示したメーカーです。2019年夏にパッケージ変更を行いMGO量に加えてUMF表記もされるようになりました。
UMF・MGO表記 あり(リニューアル前はMGOのみ)
品質検査証 基本なし
味・舌触り 味はマイルド、舌触りはザラザラ感あるが好み次第

\日本での知名度が高い/

マヌカヘルス マヌカハニー レビュー

✓ニュージーランドでも有名

↑ランキングへ戻る

2位:Strongmanukahoney(ストロングマヌカハニー)

created by Rinker
TCN
¥40,410
(2020/09/29 16:42:45時点 Amazon調べ-詳細)

信頼度
特徴 日本人の養蜂家がニュージーランドで採蜜しているTCN社のブランド。特にストロングマヌカハニーは高レベルの抗活性力が特徴。品質を重視するなら公式サイトから購入がおすすめ
UMF・MGO表記 MGOのみ(旧バージョンは活性強度で表示あり)
検査証明書 あり
味・舌触り 味は濃厚だが、舌触りはなめらか

\日本人養蜂家が現地で採蜜/

ストロングマヌカハニー レビュー

✓高MGOのマヌカハニーを買うなら

↑ランキングへ戻る

3位:EGMONT HONEY(エグモントハニー)

created by Rinker
エグモントハニー
¥10,800
(2020/09/29 16:42:46時点 Amazon調べ-詳細)

信頼度
特徴 ニュージーランドでもスーパーや薬局などで取り扱いがある安心できるブランド。他ブランドと比べて価格が安いので、MGO1200+でも一番安く購入できるのが魅力
UMF・MGO表記 あり
検査証明書 基本なし
味・舌触り 味はとてもマイルド、舌触りはなめらか
取り扱い専門店 BeeMe

\高MGOのマヌカハニーが安い/

エグモントハニー マヌカハニー レビュー

✓MGOレベルの品揃えが多い

↑ランキングへ戻る

4位:Comvita(コンビタ)

created by Rinker
コンビタ
¥7,660
(2020/09/28 16:30:06時点 Amazon調べ-詳細)

信頼度
特徴 1974年創業のマヌカハニー業界で最大手ブランド。赤いパッケージが特徴の海外をメインに輸出している大手メーカーです。価格が高いものの、業界1位の安心感があります。
UMF・MGO表記 UMF表記のみ
検査証明書 基本なし
味・舌触り 味は濃いめ、舌触りはザラザラ感あり

\マヌカハニー業界No1/

コンビタ マヌカハニー レビュー

✓赤い容器ラベルが特徴

↑ランキングへ戻る

5位:BeeNZ(ビーエヌゼット)

created by Rinker
BEENZ (ビーエヌゼット)
¥6,480
(2020/09/29 20:19:56時点 Amazon調べ-詳細)

信頼度
特徴 ニュージーランドの北島にあるタウランガで製造しているブランド。高級感があるパッケージにお土産やプレゼントにおすすめ。マヌカハニー独特の風味が抑えられているの食べやすいのが魅力。
UMF・MGO表記 あり
検査証明書 基本なし
味・舌触り 味も舌触りも、とてもマイルドでなめらか

\家族経営ならではの安心/

ビーエヌゼット マヌカハニー レビュー

✓UMF29+も生産

↑ランキングへ戻る

6位:Mariri NZ(マリリニュージーランド)

created by Rinker
マリリニュージーランド
¥5,954
(2020/09/29 18:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

信頼度
特徴 主にワトソン&サン社から供給されたマヌカハニーを使用。マヌカゴールはMGO数値の他にMGS(モラン・ゴールデン・スタンダード)というマヌカハニーの第一人者とされるモラン教授が提唱する数値を採用しているのが特徴
UMF・MGO表記 MGOのみ(MGSで表示)
検査証明書 あり
味・舌触り 味は普通、舌触りはなめらか

\検査証明書付きで安心/

マヌカゴールド マヌカハニー レビュー

✓オリジナルブランド

↑ランキングへ戻る

7位:Honey Mother(ハニーマザー)

信頼度
特徴 神戸にあるハニーマザー社が販売するマヌカハニー。100% Pure New Zealandから提供されたマヌカハニーを使用しているのが特徴
UMF・MGO表記 UMF表記のみ
検査証明書 あり
味・舌触り 味はマヌカハニーにしては美味しく、舌触りはなめらか

\現地でも企業登録がある/

ハニーマザー マヌカハニー レビュー

✓UMF加盟メーカー

↑ランキングへ戻る

8位:SWEET MEADOW(スウィートメドウ)

信頼度
特徴 ニュージーランドのBee & Herbal New Zealand Limitedが製造するブランド。コンビタのグループなので信頼して購入することができ、さらに価格が安いのが魅力です。UMFやMGO数値がないマヌカハニーがおすすめ。
UMF・MGO表記 あり(マルチフローラルはなし)
検査証明書 基本なし
味・舌触り 味は濃いめ、舌触りはなめらか

\コンビタの姉妹ブランド/

スウィートメドウ マヌカハニー レビュー

✓アジア中心に展開

↑ランキングへ戻る

9位:Airborne(エアボーン)

信頼度
特徴 ニュージーランドのスーパーでは見かけないことはないと言ってもいいほど有名なブランド。メーカー独自の指標として花粉含有率が表示されています。UMFやMGO数値と異なるので注意が必要です。
UMF・MGO表記 なし(企業オリジナルの花粉含有率で表示)
検査証明書 基本なし
味・舌触り 味は普通、舌触りはザラザラ感あり

\MGO・UMFがないものがおすすめ/

エアボーン マヌカハニー レビュー

✓花粉含有量を表示

↑ランキングへ戻る

10位:Manuka Doctor(マヌカドクター)

信頼度
特徴 マヌカハニーやビーベノム(蜂毒)を使ったスキンケア用品を取り扱うメーカーとして有名。パッケージがリニューアルされました。今までのBio Activeという表記から、MGO表記へと変更されました。モノフローラルとマルチフローラルがあるので選ぶ際は注意が必要
UMF・MGO表記 MGOのみ
検査証明書 基本なし
味・舌触り 味は強め、舌触りは少しなめらか

\NZスーパーで見かける/

マヌカドクター マヌカハニー レビュー

✓スキンケアも有名

↑ランキングへ戻る
↑目次へ戻る

マヌカハニーの信頼できるブランドの比較表

マヌカハニーの信頼できるブランド10選をご紹介しましたが、そのランキングの結果を「信頼度」「UMF/MGO表記があるか」「検査証明証があるか」の3点で比較してみました。

ブランド・メーカー名 信頼度 UMF/MGO表記 検査証明書
マヌカヘルス あり なし
ストロングマヌカハニー あり(MGOのみ) あり
エグモントハニー あり なし
コンビタ あり なし
Beenz あり なし
マリリニュージーランド なし(MGSのみ) あり
ハニーマザー あり(UMFのみ) あり
スウィートメドウ なし なし
エアボーン なし(花粉含有率のみ) なし
マヌカドクター あり(MGOのみ) なし

2020年9月現在

赤色:注目ポイント

↑目次へ戻る

マヌカハニーの信頼できるブランド選びのニーズ別おすすめ

マヌカハニーといってもブランドによって強みが違うので、自分にあったものを選ぶ基準が異なります。そこで、ニーズ別におすすめを紹介します。

初心者向けのおすすめのマヌカハニーは?

マヌカハニーは価格が高いので、初めて試してみたいけど、どうしようか悩んでいる人向け。

初めてマヌカハニーを試してみたい人には、ブランド力があり、特別価格で販売されているブランドがおすすめです。

特に、BeeMeでは初回だけの限定価格&送料無料でマヌカハニーが試せるのでおすすめです。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
初回限定プライスを利用しよう!

最高級レベルのマヌカハニーがいい

高いMGO/UMF数値レベルのマヌカハニーを採蜜できるブランドやメーカーは限られており、毎年、採蜜ができるとは限りません。

特に、高い数値ともなると価格も高くなるので、安心して購入できるブランドやメーカーのものを選ぶことをおすすめします。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
ストロングマヌカハニーは日本人養蜂家が現地で採蜜しているよ

日本の会社が販売しているマヌカハニーがいい

MGO/UMF数値の表記がなくてもいいから、価格の安いマヌカハニーを選ぶならマルチフローラルマヌカハニーがおすすめです。

マヌカ以外にも他の花蜜が入っていますが、マヌカの独特な風味を楽しみたい方向けです。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
マヌカハニーの風味を味わいたいなら十分だよ

信頼できる価格が安いマヌカハニーがいい

マヌカハニー専門の日本の企業がニュージーランドから輸入して販売しているメーカー。検査証明書も添付しているので安心。

特に、企業としての問い合わせができるので、分からないことや困ったことがあれば素早く対応してもらえるのがおすすめの理由です。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
マヌカハニー専門だから安心

↑目次へ戻る

マヌカハニーの信頼できるブランド選びのよくある質問

マヌカハニーの信頼できるブランドを選ぶ上でよくある質問に回答していきます。

Q.UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)とは?


マヌカハニーの容器にUMF5+、10+、20+、25+などの記載があるものが、UMF表記です。

このUMF表記はマヌカハニーの抗菌力レベルを一般消費者にわかりやすく伝えるために作られた「UMF規格」になります。

以前はマヌカハニーに含まれる抗菌・殺菌成分が何かわからないけど、その成分をUnique Manuka Factor(ユニーク・マヌカ・ファクター)と呼び、その頭文字を取ってUMFとしました。

UMFとは、マヌカハニー協会所属の会社が共通して使用できる基準で、消毒薬のフェノール液との抗菌・殺菌力を比較したものです。

例えば、UMF5+は5%のフェノール消毒薬と同等の抗菌力があるとされています。家庭で使用される消毒液は5%と言われているので、UMF5+と同様のレベルになります。これがUMF25+となると、さらに抗菌・殺菌力があがります。

このUMFはUnique Manuka Factor Honey Association(ユニーク・マヌカ・ハニー協会)によって管理・監視され、その基準を満たしたマヌカハニーだけがUMF表記を行うことができます。

ただし、この表記方法には偽造する余地があるため、別の表記方法を推奨するメーカーも出てきました。それが、MGO量です。

Q.MGO(メチルグリオキサール)とは?


マヌカハニーのボトルにMGO30+、100+、250+、400+、550+などの記載があるものが、MGO表記です。このMGOというのは、マヌカハニーの抗菌活性成分である食物メチルグリオキサルで、ボトルにはMGOの量が表示されています。

MGOの表示は、1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す数値です

例えば、MGO100+のマヌカハニーには1Kg中に100mgの食品メチルグリオキサールが含まれていることになります。

MGO量はUMFと違って、MGO量を実際に計測するため、数値の操作がしにくいので偽造しにくいというメリットがあります。最近では、どのメーカーもMGOを表記するようになっているので、MGO量でマヌカハニーを選ぶといってもいいほどです。

Q.UMFとMGOの違いとは?

上記のようにUMFもMGOも、同じ成分を基準にしているものなのですが、MGO数値のほう抗菌活性の成分を直接測定しているという点では正確さがあります。

ただ、UMFはUMF協会が厳しい基準で管理しているので、安全性・信頼性という点もどちらも重要な基準となっています。

最近ではUMF表記とMGO表記が混在しているため、UMFとMGOの相関を下記に記載しました。

UMF指標 MGO(メチルグリオキサール)量指標
5+  >= 83mg/kg
10+ >= 263mg/kg
15+ >= 514mg/kg
16+ >= 573mg/kg
18+ >= 696mg/kg
20+ >= 829mg/kg
25+ >= 1,200mg/kg
28+ >= 1,449mg/kg

UMF5+は、MGO量では83mg/Kg以上を含有していることを示しています。特にUMF20+/MGO829+以上のマヌカハニーは全採取量の1%以下と数量が限られているので価格も高くなっています。

MGO成分の量を表す「MGO量」と協会が提唱している「UMF」が容器に両方表示しているメーカーも増えてきましたが、まだまだ「UMF」表記のままのメーカーも多いようです。

Q.マヌカハニーはUMFやMGOの数値によって抗菌力は違うの?

マヌカハニーを選ぶにあたってUMFやMGOの数値は気になりますよね。数値が大きいほどがいいとされています。

実は、論文上ではUMFやMGO数値が高ければ高いほど菌の種類によっては、繁殖を抑える力が違うことが発表されています

これが体内であればどうなのかは今後の研究や検証が必要になりますが、実験場では有意差がでています。

Q.検査証明書が意味することとは?

マヌカハニーのメーカーやブランドによっては、UMF認証の検査証明書が同封されていることがあります。

検査証明書で一般的に記載されているUMF認証では、「MGO(メチルグリオキサール)」、「ジヒドロキシアセトン」、「HMF」、「Leptosperinの定量」の検査が必要になります。

検査証明書が添付されていないからといって品質が悪いとは限りませんが、証明書が同封されているものは本物の証しとも言えます。

特に、検査証明書を添付しているのは日本の会社(オリジナルブランドとして販売)していることがほとんどです。

マヌカハニーの信頼できるブランド10選まとめ

今回のコラムでは、「【比較表あり】マヌカハニーの信頼できる人気ブランドおすすめ10選!選び方をどうする?」をご紹介しました。

数あるマヌカハニーのブランドやメーカーの中から自分にあったものを選ぶのは非常に大変です。

特に、マヌカハニーの価格も安くはないので、安心できる信頼のブランドやメーカー選びが欠かせません。

信頼があるかどうかは、「ブランド力」「MGO/UMF表記」「検査証明書」などを総合的に判断して選びましょう。

マヌカハニーの信頼できるブランドおすすめ10選