コラム

【UMF・MGO・TA・NPA・MGS】マヌカハニー数値の違いとは?


UMFやMGOなどの数値の違いは何かを知りたい人向け。

「マヌカハニーの容器にUMF・MGO・TA・NPA・MGSといった数値が書かれているけど、何を意味しているのかな。それぞれの違いも知りたいな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、ニュージーランド在住のマヌカハニー男子です。

当サイトではブログを書きつつ、マヌカハニーの最新情報をお伝えしています。

マヌカハニーと言えば、抗菌・殺菌効果。そのレベルが高ければ高いほど効果が期待されるとされています。ただ、どうやってレベルを知ればいいのでしょうか?

実は、マヌカハニーの抗菌活性レベルを示す指標が何種類もあります。それぞれ、どのように違うのでしょうか?

このコラムでは、「UMF」・「MGO」・「TA」・「NPA」・「MGS」の意味や違いが分かります。

そこで、今回は「【UMF・MGO・TA・NPA・MGS】数値の意味は何?」をご紹介します。

正しい数値の意味を知ることで、自分に合ったマヌカハニーを選べるようになります。

【UMF・MGO・TA・NPA・MGS】マヌカハニー数値とは?

それぞれの特徴と違いは以下のとおりです。

UMF・MGO・TA・NPA・MGS

UMF

UMFは、和名で「ユニーク・マヌカ・ファクター」で、ニュージーランドのマヌカハニー協会が定めた基準です。ユーニクとは、「独特な」を意味しています。

UMF数値は、消毒液(フェノール液)と抗菌レベルを比較したものです。例えば、UMF5+ではあれば、病院などに置かれている消毒液とほぼ同等のレベルということになります。

実は、別の基準であるMGOが発見される前まではマヌカハニーに抗菌活性があることは分かっていましたが、どの成分による効果かが分かりませんでした。

そのため、ワイカト大学のモラン教授がUMFと呼ばれる消毒液(フェノール液)と比較した基準を定め、その基準をもとに抗菌活性レベルを示していました。

その後、UMFは特定の成分だけを計測しているわけではないので、検査に誤差が生じているという問題点がありました。その後、ドレスデン大学のトーマス教授がMGOを測定する方法を見つけたということになります。

ただし、UMFには歴史があり、輸出する際の基準として多くのメーカーに使用されている基準です。その理由は、協会が厳しい検査基準と監査を実施しているため信頼性が高いからです。検査には抜き打ち検査などもあります。

【回答】マヌカハニーのUMFとは【どれくらいがいい?】【マヌカハニーのUMFとは何か、どれくらいの数値がいいのかを知りたい人向け】ニュージーランドのマヌカハニー男子が「マヌカハニーを購入するときに容器にUMFとか書いていあるけど、何を意味しているのかな。どれくらいの数値がいいのか知りたいな。」といった疑問に回答します。...

↑目次に戻る

MGO

その後、抗菌・殺菌効果の成分がMGO(メチルグリオキサール)であることを突き止めました。

そして、抗菌活性成分のMGOを測定する方法が確立され、MGOを客観的な量で表したのが「MGO数値」です。例えば、MGO100+は1Kg中に100mgのMGOが含まれていることになります。

MGという基準もありますが、これはMGOの「O」が省略されたもので成分名として扱われています。MGOと同じ意味ですが、メーカーやブランドによって「MG30+」といった表記がされています。

【回答】マヌカハニーのMGOとは【どれくらいがいい?】【マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)とは何か、どれくらいの数値がいいのかを知りたい人向け】ニュージーランドのマヌカハニー男子が「マヌカハニーを購入するときに容器にMGOとか書いていあるけど、何を意味しているのかな。どれくらいの数値がいいのか知りたいな。」といった疑問に回答します。...

↑目次に戻る

TA

TA、はTotal Activity(トータルアクティビティ)の略。マヌカハニー独特の抗菌成分以外に、普通のハチミツが持つ抗菌成分を合計の数値として表しています。

そのため、数字としてはMGOと比較すると大きくなるため、ひと昔のマヌカハニーにも表記されていましたが、現在、TA+表記は禁止されていてます

オーストラリアでは規制されていないため、抗菌活性を持つ「ジャラハニー」などにはTA+といった表記が使用されています。

↑目次に戻る

NPA

NPA、はNon-Peroxide Activityの略です。これはMGOなどの非過酸化水素の全般を意味しています。

こちらも、ほぼUMFと同じ指標とされていますが、数値が多くなる傾向があり、こちらもニュージーランドで表記は禁止されています

↑目次に戻る

MGS

最後に、MGSは、ピーター・モラン教授がUMFを規定して以降、唯一認定した指標として知られています。

UMFにばバラツキが大きくなるといった問題点を解決するためにピーター・モラン博士開発の試験メソッドによる検査結果(MGS活性試験)を実施しています。

基本的にUMFと同じレベルを表していますが、より正確な検査法を用いているのが特徴です。

UMFとMGOの違い

現在、主に使われている数値が「UMF」と「MGO」です。この2つの違いをまとめると以下のとおりになります。

  • UMFは数値のバラツキが問題視されていた
  • UMFは消毒液との比較、MGOは成分の量を表す
  • UMFは相対値、MGOは絶対値を表す

マヌカハニーに多く含まれる抗菌活性成分であるMGOが発見されるまではUMF数値が使用されていましたが、UMF数値はバラツキが大きく問題視されていました。

その理由のひとつとして、UMFは消毒液の消毒効果と比較した「相対値」であることでした。その後、MGO量を測定する「絶対値」がより信頼性があるとされました。

但し、成分名であるMGOはどのメーカーやブランドでも独自の検査で表記するできる一方、UMFはマヌカハニー協会が管理・監督したものにしか使えないという点で信頼性が高いと言えます。

最近では、UMFとMGOを両方併記することで、より信頼性を高めていることをアピールするメーカーやブランドが増えています。

結局、マヌカハニー数値はどれがいいの?

現在、ニュージーランド政府が定めているのは「UMF」・「MGO」・「MGS」の3つです。

ニュージーランドでは、TAはNPAは使われなくなっていて、オーストラリアではジャラハニーなどにTA+などが使われていることがあります。

マヌカハニー数値の違いはありますが、数値の意味や相関を知っていれば上記の3つの数値を選べば問題がありません。

まとめ:基準で使われているのは「UMF」・「MGO」・「MGS」の3つです

現在、ニュージーランド政府が定めているのは「UMF」・「MGO」・「MGS」の3つです。「TA」や「NPA」による表記は禁止されています。

ただし、メーカーやブランドによってはMGO数値以外にも企業独自の基準をつけている場合があります。例えば、「MANUKA15+」など。

基準にも色々とあるので購入するときに間違えやすいですが、それぞれの意味を知って納得してマヌカハニーを選びましょう。