▶えっ、偽物?信頼できるマヌカハニーはコチラ click!

【ジャラハニーとマヌカハニーの違い】何が違う?効果の特徴

マヌカハニーとジャラハニーの違い

ジャラハニーとマヌカハニーの違いを知りたい人向け。

ジャラ蜜とも呼ばれるジャラハニーとマヌカハニーの違いは何かな。効果とか違うのだろうか。おすすめなのはどっちか知りたいな。

ニュージーランドのマヌカハニーと並んで、オーストラリアで有名な蜂蜜が「ジャラハニー」。

実は、このジャラハニーとマヌカハニーには効果の違いがあることをご存知でしょうか。

ただ、どう違うの?と思われている人も多いと思います。

そもそも、ジャラハニーとマヌカハニーの違いには何があるのでしょうか。

そこで、今回は「【ジャラハニーとマヌカハニーの違い】何が違う?効果の特徴」をご紹介します。

目次

ジャラハニーとマヌカハニーの違いは?

ジャラハニーとマヌカハニーの違いは、以下のとおりです。

  • 1.産地の違い
  • 2.貴重性の違い
  • 3.効果の違い

1.産地の違い

ジャラハニーは、西オーストラリアの森に自生するジャラの木から採蜜された蜂蜜。 一方、マヌカハニーは主にニュージーランドのマヌカの花から採蜜された蜂蜜です。

オーストラリアとニュージーランドは国同士が近いので、大昔は大陸同士でつながっていたという話もあります(ズーラシアと言うそうです)。そのため、オーストラリア産のマヌカハニーもあります。

2.貴重性の違い

ジャラハニーが採れるジャラの花は、2年に1度しか咲かない花なので貴重な蜂蜜とも言えます。一方、マヌカハニーは年1回12月に採蜜することができます。

2つを比べると2年に1回しか咲かないジャラハニーのほうが採蜜量が少ないでしょう。

3.効果の違い

マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)成分ではありませんが、何かしらの理由でジャラハニーにも高い抗菌作用があることが分かっています。

さらに、その他にもジャラハニーには数多くの抗酸化物質を含んでいることが知られています。

抗酸化物質とは、身体のサビ(酸化)を防ぐ物質です。この抗酸化作用があるのがジャラハニーの大きな特徴です。

どちらがいい?ジャラハニーとマヌカハニー

結論から言うと、どちらがいいかは好みの問題なので、効果を比較するのは意味がありません

でも、ジャラハニーをご存知の人のなかには、マヌカハニーより抗菌力の効果が高いんじゃないの?と聞いたことがあるかもしれません。

ただ、2つの抗菌力を示す指標が異なっているため、どちらが抗菌活性力が高いかは分からないのが実情です。

ジャラハニーの主な抗菌指標であるTA(トータルアクティビティー)は、抗菌活性を表す数値で消毒液として使用されるフェノール液と比べて、どの程度あるのかを示します。

一方、マヌカハニーの主な抗菌指標はマヌカ協会が定めるUMFです。

同じフェノール液と比較するニュージーランドで有名なUMFは、マヌカハニー協会が商標登録をしているため使用できません。

Mitsuki
マヌカハニーもTA+を使っていた時代もあります 。

TAは過酸化水素とMGO成分などを加えて指標のため、MGOレベルの表示のように特定した成分表示ではないことが問題になりました。

そのため、ニュージーランドでは2015年からTA表記が禁止になっています。

結局、「TA」は「UMF」と異なる評価基準を設けているため、抗菌活性力で比較ができないことになります。

TA20+とUMF20+では同じ抗菌活性レベルではない可能性があるということを知っておきましょう

ジャラハニーのおすすめランキング

ジャラハニーとマヌカハニーの違いは分かった、抗菌活性の数値も違う、それでもTAなどの数値は高いほうがいいのは間違いはありません。

そこで、TAが高数値のおすすめのジャラハニーをご紹介します。

プレミアムオーガニック ジャラハニー TA30+

NATURAL ORCHESTRA
プレミアムオーガニック ジャラハニーを販売しているナチュラルオーケストラは、女性誌やファッション誌などで取り上げられている有名ブランド。

その名のとおり、オーガニックにこだわっているので品質が高いのが特徴です。

TAレベルも+30と高レベルなので、まずは効果を期待しているならおすすめです。公式サイトから購入できます。

メーカーNATURAL ORCHESTRA
抗菌活性レベルTA30+
内容量250g
公式サイトhttps://www.naturalorchestra.com/

ジャラハニーTA30+(初回限定)


初めてジャラハニーを試したいなら、こちらがおすすめ。オーガニックでTA30+と高レベルの数値でありながらも、内容量が130gと少ないので価格が安くなっているのが特徴です。

メーカージャラハニー専門店 ジャラ-メディ
抗菌活性レベルTA30+
内容量130g

ジャラハニーTA20+


TA20+なのでTA30+よりは指標が低いですが、内容量が250g(約1ヶ月分)です。できれば2~3ヶ月は食べ続けたほうがいいので、価格が高くて食べ続けられないより、2~3ヶ月継続できる価格のコスパが良いのが特徴です。

メーカージャラハニー専門店 ジャラ-メディ
抗菌活性レベルTA20+
内容量250g

Natruly ジャラハニー TA35+


TA35+と最高レベルのジャラハニー内容量1Kg。1Kgもあるので、毎日小スプーン1杯を食べるとして約4か月分。試してみるなら十分な期間を食べることができるのが特徴です。その割に、250g換算で約2,000円なのでお得です。

メーカーHANDS
抗菌活性レベルTA35+
内容量1Kg

Natruly ジャラハニー TA35+ スティックタイプ


Natruly ジャラハニー TA35+のスティックタイプ。ジャラハニーが食べられるかどうか試してみたい人におすすめ。スティックなので持ち運びもできるのが便利です。

メーカーHANDS
抗菌活性レベルTA35+
内容量5g×10本セット

ジャラハニーのおすすめの食べ方

空腹時に1日1回、毎日続けて小スプーン一杯(約5~7g)をそのまま食べるのがおすすめ。これは、マヌカハニーに共通した食べ方です。

ポイントは、できるだけ空腹時に小スプーン1杯をそのまま食べるということ。

ジャラハニーとマヌカハニーは高い抗菌活性の成分が含まれているので、効率よく摂取したい人におすすめの方法です。

ただ、どうしても独特のクセがあるので、食べにくいようであればヨーグルトやフルーツ、コーヒーや紅茶に入れても毎日続けやすくなります。

まとめ:ジャラハニーとマヌカハニーの違い

今回のコラムでは「【ジャラハニーとマヌカハニーの違い】何が違う?効果の特徴」をご紹介しました。

ジャラハニーはマヌカハニーのような抗菌活性力がありますが、MGOのような具体的な成分がまだ判明していません。そのため、TA+という指標を用いられています。

これがMGOのように成分が解明されることができることが期待されています。

ジャラハニーとマヌカハニーの効果はどちらがいいの?という話になりがちですが、抗菌活性力を比較する基準が違うので単純にできません。

ただ、ジャラハニーには高い抗酸化作用があるともいわれているので、その主要成分が判明するとよりマヌカハニーの競争相手になるのは間違いないでしょう。

なお、信頼できるマヌカハニーのおすすめを知りたい人方は、下記のコラムを参考にしてくださいね。

目次