みつろうラップ

【アコラップの口コミ】悪い評判は?日本製の蜜蠟ラップの特徴とは

aco wrap(アコラップ)の口コミや評判を知りたい人向けです。

環境にいいと評判が高いアコラップの口コミが気になるな。日本製らしいけど、どのような蜜蝋ラップなのか知りたい。
Mitsuki
Mitsuki
良い口コミや悪い評判を集めてみました。

近年、エコブームでサランラップの代わりになる蜜蠟ラップが人気です。

使いまわしが出来て、見た目にもカラフルなので、キッチンのアイテムとしても重宝されています。

なかでも、日本製の蜜蠟ラップ「aco wrap(アコラップ)」が注目されています。

テレビで特集が組まれることもあり、品薄になることもあると評判です。特に、京都の亀岡市がレジ袋削減の一環として取り組んでいることでも知られています。

では、アコラップの口コミや評判はどうなのでしょうか?

そこで、今回は「【アコラップの口コミ】悪い評判は?日本製の蜜蠟ラップの特徴とは」をご紹介します。

aco wrap(アコラップ)の口コミ・評判

アコラップの口コミや評判をSNS上で調査をしてみました。

良い口コミ・評判(良い点・素晴らしいポイント)

Mitsuki
Mitsuki
亀岡市の取り組みで紹介されているのも安心です。

Mitsuki
Mitsuki
使いやすい丸型が特徴です。

Mitsuki
Mitsuki
テレビ番組「あさチャン」でも取り上げられたことで品薄になることもありました。

悪い口コミ・評判(悪い点・少しコレは..というポイント)

次に、気になるアコラップの悪い口コミ・評判を調査してみました。

Mitsuki
Mitsuki
価格が高いという意見も。

ただ、日本製で天然で安心できる蜜蠟ラップなので、個人的には価格としては極端に他ブランドと比較しても高いとは感じませんでした。

あと、ごめんなさい、本当に悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後もアコラップの口コミや評判を調査していきます。

↑目次へ戻る

aco wrap(アコラップ)の特徴とサイズ

aco warp(アコラップ)とは、岐阜県で採取した蜜蝋をベースに、オーガニックコットンの生地に染み込ませた天然ラップです。

蜜蠟ラップと言えば、オーストラリアやニュージーランドが有名ですが、このアコラップは日本製なのが大きな特徴の一つ。

ただ、もともとはオーストラリアで出会ったラップを日本でも広めたいと想いで生まれました。

そのため、ホホバオイルや植物由来の天然樹脂を使っているので、すべて天然素材のみで作られています。

アコラップの形は丸形

蜜蠟ラップと言えば、正方形が一般的ですが、アコラップは丸形をしています。そのため、お皿やボールなどをかぶせやすいという特徴です。

アコラップのカラー(色)

アコラップには、みつろう色、翡翠色、蘇芳色、青色など豊富なカラーバリエーションが特徴です。柄が入った蜜蠟ラップが一般的ですが、シンプルで日本らしい簡素さが魅力ですね。

アコラップのサイズは(S/M/L)の3種類

アコラップのサイズは、Sサイズ(約13㎝)、Mサイズ(約19cm)、Lサイズ(約33㎝)の3種類があります。

蜜蝋ラップの大きさを身近な物で例えると、以下のようになります。

  • 約13㎝:B6判の単行本の長辺
  • 約19㎝:ビデオ(VHS)テープの長辺
  • 約33㎝:A4用紙の長辺

上記を参考に必要なサイズを選びましょう。

↑目次へ戻る

どこで買える?アコラップの販売店

アコラップは公式サイトでも販売されていますが、Amazonや楽天などのショッピングサイトでも購入することができます。

お皿やボールのサイズにあったサイズを選びましょう。

サイズごとに購入することができますが、M&Lや3サイズをまとめて購入するほうがお得になる場合があります。

↑目次へ戻る

aco wrap(アコラップ)の使い方と洗い方

aco wrap(アコラップ)の一般的な使い方は、ボールやお皿をサランラップのように包みます。

その他の使い方としては、以下のとおりです。

  • パンを包む
  • サンドイッチを包む
  • おにぎりを包む
  • 野菜や果物を包む
  • チーズを包む

実は、新鮮な野菜、フルーツなどを包んで冷蔵庫に入れておくと日持ちしやすくなるのでおすすめです。

使用上の注意点は、熱い物を包んだり、アコラップを電子レンジにかけないように注意が必要です。

さらに、洗い方は「水」や「ぬるま湯」で洗うだけ。ただ、熱いお湯を使うと蜜蝋が溶けるのでやめておきましょう。

使い方や洗い方にもよりますが、半年から1年は繰り返し使うことができます。

↑目次へ戻る

アコラップの良い口コミ・悪い評判まとめ

今回のコラムでは、「【アコラップの口コミ】悪い評判は?日本製の蜜蠟ラップの特徴とは」をご紹介しました。

蜜蠟ラップはオーストラリア製やニュージーランド製が多い中、「日本製」というのが大きな特徴の一つです。

草木染めや泥染めなど、日本の伝統を活かした製法を持ちているので、京都の亀岡市が力を入れてアピールしているのも理解できますね。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 500gは、2~3ヶ月分で信頼度とコスパの良さが魅力です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、グレードが多く、同じブランドで挑戦しやすいのが特徴です。