ナッツ蜂蜜漬け

【ナッツ蜂蜜漬けの作り方】ローストしない?する?自分で手作りできる方法とは

ナッツ蜂蜜漬けの作り方を知りたい人向けです。

ミックスナッツを入れたナッツの蜂蜜漬けが人気らしいけど、どうやって作るのかな。ナッツはローストしない?ローストする?自分で作るのにはどうすればいいのかな。
Mitsuki
Mitsuki
自分でナッツはちみつ漬けを作ることができます。

最近、ナッツはちみつ漬けが女優さんや俳優さんに人気になっています。

理由は、美味しい上にナッツが腹持ちがいいとされているためです。

ただ、買うと高いので、自分で作れるんじゃないのかなと思う人もいるでしょう。

自分で作るなら、どのような作り方があるのでしょうか?

そこで、今回は「【ナッツ蜂蜜漬けの作り方】ローストしない?する?自分で手作りできる方法とは」をご紹介します。

ローストしない?ナッツ蜂蜜漬けの作り方

可愛く美味しいナッツはちみつ漬けは、お好みのミックスナッツをローストしないでも自分で作ることもできます。

レシピも蜂蜜とナッツを入れるだけなので、とても簡単。しかも、ナッツ蜂蜜漬けの食べ頃は、1~2日間を漬け込むだけで美味しく食べることができます。

材料

材料は、以下のとおりです。

  • はちみつ(百花蜜、アカシアなど)
  • ナッツ(ローストしてもしなくてもOK
  • 煮沸消毒した清潔な瓶

はちみつやナッツは、お好みのものを入れられるのも手づくりのメリットですね。

おすすめのナッツは、以下のとおりです。

煮沸消毒した清潔な瓶があれば長期保存ができます。100均一で販売されているガラス瓶でも十分使えますが、蓋がしっかりと閉まるものを用意しましょう。

作り方は、ナッツを入れた後にはちみつを入れるだけの簡単レシピ。ナッツを入れて、はちみつを流し込むだけ。

すぐに食べることができますが、2~3日後に食べるとさらに美味しくなります。

↑目次へ戻る

自分で作るマイハニーのナッツ蜂蜜漬け

このナッツはちみつ漬けを一躍有名にしたのが、東京の表参道にある「MY HONEYのはちみつ専門店」です。

あのマツコさんがテレビで絶賛したことでも知られるようになりました。

表参道にある本店では、自分でお好みのナッツと蜂蜜を組み合わせてオリジナルのものを作ることができます。

約10種類のナッツと4種類の蜂蜜のなかから選ぶことができます。

今回は、中型の瓶で作ってもらったので、ナッツは3種類ぐらいがいいとのこと。

ナッツを選んで、蜂蜜を入れてもらうと完成です。すぐに食べてもいいですし、1日ぐらい寝かせるとより美味しく食べられるそうです。

こちらがオリジナルで作ったものです。

最近ではナッツはちみつ漬けを販売しているお店も増えましたが、やはり元祖というべきMyHONEYで購入するのがおすすめです。

自分で食べるも良し、誰かにプレゼントとして渡してもいいですね。

↑目次へ戻る

どこで買える?ナッツの蜂蜜漬けの販売店

ナッツの蜂蜜漬けのおすすめをご紹介します。

マイハニーのナッツ蜂蜜漬け

ナッツ蜂蜜漬けを世間に広めたマイハニー。表参道の本店ではオリジナルのものを作ることができます。

はちみつ専門店かの蜂のナッツ蜂蜜漬け

蜂蜜に3種のナッツとドライトマトを漬け込んでいるのが特徴です。

くま養蜂のナッツ蜂蜜漬け

国産のはちみつを使用しています。

↑目次へ戻る

ナッツ蜂蜜漬けの保存方法と賞味期限

保存は煮沸消毒した清潔な瓶であれば、冷蔵庫に入れずに冷暗所の常温で保存できます。

蜂蜜はカビることは無いともいわれているので、長期保存に向いているでしょう。

賞味期限は約2~3年が一般的です。蜂蜜もナッツも日持ちがしますね。

↑目次へ戻る

ナッツの蜂蜜漬けの作り方まとめ

今回のコラムでは、「【ナッツ蜂蜜漬けの作り方】ローストしない?する?自分で手作りできる方法とは」をご紹介しました

ナッツはちみつ漬けはナッツとはちみつの栄養素を取ることができるだけでなく、腹持ちがいいので、小腹が空いた時に食べる食品として最適です。

お店で購入するだけでなく、簡単に自分で作ることができるので、オリジナルのナッツはちみつ漬けが楽しめます。

好みのナッツを入れることでより美味しく食べることができますね。

ただ、あまり美味しくて食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまうので、ヨーグルトなどにかけて食べるようにしましょう。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 500gは、2~3ヶ月分で信頼度とコスパの良さが魅力です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、グレードが多く、同じブランドで挑戦しやすいのが特徴です。