基礎知識

【普通のはちみつとの違いは?】NZ在住者が教えるマヌカハニーの基礎知識

マヌカハニー違い

マヌカハニーと普通のはちみつとの違いを知りたい人向け。

マヌカハニーは人気になっているけど、普通のはちみつとの違いは比較して違いがあるのかな。MGOの違いと聞くけど、何だろう。
マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
マヌカハニーは「奇跡のはちみつ」とも呼ばれているよ

マヌカハニーをご存知でしょうか?近年、テレビやニュースでも取り上げられることが多くなり、「マヌカハニー」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。

なかには、マヌカハニーは抗菌・殺菌作用がある価格が高いはちみつとしてご存知の人もいるでしょう。

ただ、実際にマヌカハニーを食べたことがなく、普通のはちみつとの違いは何かをご存知ではない人も多いと思います。

そこで、今回は「【普通のはちみつとの違いは?】NZ在住者が教えるマヌカハニーの基礎知識」をご紹介します。

このコラムで分かること(読み飛ばしができます)
マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
ニュージーランド在住7年の僕が教えるよ

マヌカハニーと普通のはちみつの違い

マヌカの花
マヌカハニーのマヌカは、ニュージーランドで12月頃に咲く白い花。その花から蜂が集めた蜜がマヌカハニーです。

普通のはちみつは百花蜜とも呼ばれ、数種類の蜜が集められていることが一般的。一部、そば蜜やミカン蜜など花蜜の特徴的な蜜もありますが、基本は百花蜜です。

さらに、マヌカハニーには一般的に普通のはちみつには含まれていない成分があります。

MGO
その成分は、抗菌・殺菌作用の成分であるMGO(メチルグリオキサール)です。

もともとメチルグリオキサールはマヌカの花蜜にあるわけではなく、ジヒドロキシアセトンという成分から長い時間をかけてMGOに変換されます。

多くのメーカーではマヌカハニーを採蜜したあとも長期保存し、半年~2年かけて熟成(MGOへの変換)して出荷されています。

そのため、MGO成分の含有量が多くなればなるほど時間もかかることで、普通のはちみつのように採蜜して出荷するわけにはいかないのです。

マヌカハニー男子
マヌカハニー男子
マヌカハニーは「奇跡のはちみつ」とも呼ばれているよ
MGOとUMFの違い
【マヌカハニーのMGOとUMFは何が違う?】数値が意味する違いとは【マヌカハニーのMGOとUMFの違いを知りたい人向け】マヌカハニー選びにはMGOやUMFという数値があるらしいけど、どう違うのかな。どちらがいいんだろう。数値の意味も知りたいな、といった疑問にニュージーランド在住者が回答します。...

↑目次へ戻る

マヌカハニーが普通の蜂蜜と比べて価格や値段が高い理由

マヌカハニー値段
上記でマヌカハニーと普通のはちみつとの違いを説明したが、もう一つの違いが価格です。マヌカハニーの価格や値段が高い理由はいくつかありますが、主に下記の3つが原因です。

  • 採蜜できる期間と場所が限定されている
  • 抗菌活性成分が含有されているため需要が多い
  • 輸送に時間と手間がかかる

採蜜できる期間と場所が限定されている

マヌカハニーが採蜜できる期間が4~6週間と短いことが理由のひとつです。

何故なら他の花蜜が混ざりすぎるとマヌカハニーとして販売ができないためです。

そのため、他の花蜜が混ざらないように単一蜜源(マヌカの花だけが密集した場所)として山奥で採蜜しています。

そのため、メーカーによってはヘリコプターで蜜源に行くということもされています。

↑目次へ戻る

抗菌活性成分が含有されている

普通のはちみつとの大きな違いは、抗菌活性成分であるMGO(メチルグリオキサール)が豊富に含まれているためです。

そのため、日本に限らず、中国やアメリカなど全世界にマヌカハニーが輸出されているため、全世界で需要量よりも供給量が少なく価格が高くなっています

↑目次へ戻る

輸送に時間や手間がかかる

日本とニュージーランドは飛行機で約11時間かかりますが、多くの場合はコストを抑えるために船便でまとめて配送しています。

仮に航空機で配送するにしてもコストが高くなり、船便で送るにしても温度管理が出てていないと蜂蜜の成分が壊れる恐れもあります。

そのため、温度管理された状態で輸入していることも価格が高くなる原因になります。

↑目次へ戻る

マヌカハニーと普通のはちみつの違いのよくある質問

よくある質問
マヌカハニーと普通のはちみつとの違いで、よくある質問について回答しています。

  • Q1.普通のはちみつと食べ方は同じ?
  • Q2.マヌカハニーとプロポリスの違いは?
  • Q3.マヌカハニーとローヤルゼリーの違いは?
  • Q4.ニュージーランド産だけ?国産はあるの?

Q1.普通のはちみつと食べ方は同じ?

マヌカハニーもはちみつなので食べ方に決まりはありません。ただ、普通のはちみつはパンなどに塗って食べることが多いと思いますが、マヌカハニーは目的によって食べ方が違います。

例えば、風味を楽しむためや味が苦手な人はパンなどに塗っても構いませんが、抗菌・殺菌作用を期待しているのであれば、そのまま食べるほうがおすすめです。

基本的な食べ方は空腹時に少量(小さいスプーン1杯)を毎日食べるほうがいいでしょう。

マヌカハニー食べ方
【NZ在住者厳選】マヌカハニーの食べ方おすすめ5選!毎日食べるなら?【マヌカハニーの食べ方を知りたい人向け】効果的なマヌカハニーのおすすめの食べ方とかあるのかな。効果が出やすい方法を知りたいな。毎日、どのくらい量を食べればいいんだろう。スプーンとかでたくさん食べようかな。こういった疑問にニュージーランド在住のマヌカハニー男子が回答します。...

↑目次へ戻る

Q2.マヌカハニーとプロポリスの違い

マヌカハニーは蜂が作っていますが、同様にプロポリスも作り出しています。プロポリスは、蜂の巣の入り口にある黒い物質です。

この黒い物質であるプロポリスは蜂の体液と花粉の塊から作られており、高い殺菌作用と抗酸化作用があります。

↑目次へ戻る

Q3.マヌカハニーとローヤルゼリーの違い

マヌカハニーは蜂が作っていますが、同様にローヤルゼリーも作り出しています。ローヤルゼリーは、女王蜂だけが食べられる食べ物です。

このローヤルゼリーを食べた蜂だけが女王蜂となり、体長も普通の蜂の約8倍も大きくなるほど栄養価が高いことで知られています。

そのローヤルゼリーには、他の食品には含まれないデセン酸が豊富に含有されています。デセン酸は女性ホルモンと同様の挙動をするため、女性向きとも言えます。

↑目次へ戻る

Q4.ニュージーランド産だけ?国産はあるの?

マヌカハニーはニュージーランドだけしか採蜜されないと思われがちですが、実はオーストラリアの東海岸付近でもマヌカの木があります。

そのため、現在、ニュージーランドとオーストラリアでマヌカハニーの商標を巡って争いが起こっています。

例えば、シャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのみがシャンパンと名乗れるように、マヌカハニーの名称を保護しようとしています。

まだ決着していませんが、マヌカハニーと名乗れるかどうかで価格が大きく変わるので、どちらの国にとっても大きな問題になっています。

もちろん、日本の国産マヌカハニーはありません。そのため、日本で市販されているマヌカハニーはニュージーランドからの輸入に頼っています。

↑目次へ戻る

マヌカハニーと普通のはちみつの違いまとめ

今回のコラムでは「【普通のはちみつとの違いは?】NZ在住者が教えるマヌカハニーの基礎知識」をご紹介しました。

マヌカハニーは普通のはちみつと違って、抗菌・殺菌作用のあるMGO(メチルグリオキサール)の含有量が大きく違います。

このMGOの含有量の違いで価格が多く変わってくるため、日本のスーパーで市販されているはちみつと比べると価格が何倍も異なります。

↑目次へ戻る

\信頼できるブランドなら/✓NZ在住者がおすすめ!