効果

【マヌカハニーと高齢者】食べても大丈夫?年配になるほど食べたほうがいい理由と注意点

マヌカハニー 高齢者

高齢者がマヌカハニーを食べても大丈夫か知りたい人向け。

マヌカハニーをおじちゃんやおばあちゃんに食べてもらいたいので、プレゼントしたいな。でも、高齢者が食べても大丈夫なんだろうか。食べる時に気を付けるべきことも教えて欲しい。
Mitsuki
Mitsuki
論文をもとに紹介するよ。

マヌカハニーには高い抗菌活性があることで知られるようになり、自然で安心して食べることができるので注目されています。

ただ、おじいちゃんやおばちゃんなど年配の人がマヌカハニーを食べるのは大丈夫かなと心配になる人もいるでしょう。

実は、逆に年配の人がマヌカハニーを食べたほうがいい理由があります。食べる時の注意点もあわせてお伝えしましょう。

そこで、今回は「【マヌカハニーと高齢者】食べても大丈夫?年配になるほど食べたほうがいい理由と注意点」をご紹介します。

マヌカハニーを高齢者が食べるメリット

マヌカハニーは、普通のはちみつと違い高い抗菌活性があることで知られています。 例えば、普通のはちみつと比較した研究結果も報告されています。

実は、普通のはちみつにも抗菌作用があることが知られていますが、それに加えてマヌカハニーにはMGO(メチルグリオキサール)という独特な抗菌成分が含有されていることが分かっています。

ドイツの研究者トーマス・ヘンレ博士は2008年にマヌカハニーの抗菌活性成分がメチルグリオキサールであることを学術雑誌に発表しました。

その発表から様々な研究が始まり、数年前にはピロリ菌などの悪さをする菌に対しての除菌することでも2014年にはテレビで取り上げられました

そのため、その効果を目的にして食べている人も多いと聞いています。ただ、マヌカハニーなら何でもいいというわけではありません。

マヌカハニーには抗菌活性のグレードがあり、UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)とMGO(メチルグリオキサール)などで表示されていることがあります。

実は、UMFやMGOグレードで選ぶことが大切です。では、どのくらいグレードを選べばいいのでしょうか?次に、論文をもとを紹介します。

↑目次へ戻る

高齢者におすすめの抗菌活性グレード

高齢者がマヌカハニーを食べるなら、UMF13+(MGO400+)以上がおすすめされることが多いです。

では、なぜUMF13+(MGO400+)以上がおすすめされていることが多いのでしょうか?

実は、2014年にピロリ菌について論文(J R Soc Med. 1994 Jan;87(1):9-12.)が発表されました。詳細は省きますが、この論文でなかで使用されたマヌカハニー溶液が「 were sensitive to a 20% (v/v) solution of manuka honey」と記されています。

そのため、ピロリ菌にはグレード20がいいのでは?という数値が広まりました。

その当時のUMFとMGOの相関では、「UMF20+ = MGO400+」が一般的でしたが、その後、変更されて、現在では下記の相関がUMFHA(マヌカ協会)から提唱されています。

つまり、グレード20はMGO400+と考えると、UMFではUMF13+相当ということになります。

この論文が発表されてからテレビなどで話題になり、おすすめのグレードとして「マヌカハニー UMF13+(MGO400+)」が広まりました。

ただし、上記の論文は実験上のデータであり、その後にもピロリ菌についての様々な論文が発表され、使用されている抗菌活性グレードは論文によっても異なっています。

Mitsuki
Mitsuki
次に高齢者におすすめのマヌカハニーを紹介するよ。

↑目次へ戻る

高齢者におすすめのマヌカハニー一覧

これまで、高齢者には「マヌカハニー UMF13+(MGO400+)以上がいい理由」をお伝えしました。そこで、そのグレード以上のマヌカハニーを自分用やプレゼントにおすすめのブランドをご紹介します。

マヌカヘルス マヌカハニー UMF13+/MGO400+ 500g

マヌカヘルスの人気グレードです。コスパもいいので、プレゼントするなら一番のおすすめです。

マヌカヘルス マヌカハニー UMF16+/MGO550+ 500g

同じくマヌカヘルスのワンランク上のMGO550+です。こちらも抗菌活性グレードとして人気です。

↑目次へ戻る

ストロングマヌカハニー MGO1050+ 500g

年配の人にプレゼントするなら、最高級レベルのマヌカハニーを渡したいと考えている人向け。MGO400+を大きく上回るMGO1000+以上です。

ただ、高価なので品質に安心して購入するなら、公式サイトからの買うのがおすすめです。

高齢者がマヌカハニーを食べる時の注意点

年配の人がマヌカハニーを食べる時の注意点は、以下の3つです。

  • 1、糖分の取りすぎ
  • 2、食べ過ぎ
  • 3.胃腸が特に弱い

1.糖分の取りすぎ

マヌカハニーは普通の砂糖と比べると吸収されやすい糖分で出ていますが、糖分の吸収値を示すGI値やカロリーは砂糖とそれほど変わりません。そのため糖分を取りすぎないようにしましょう。

2.食べ過ぎ

マヌカハニーを一度にたくさん食べても効果は限定的です。それよりも1日1回空腹時に小スプーン1杯からでいいので、継続して食べることが大切です。寝起きと寝る前の2回が続けやすいでしょう。

3.胃腸が特に弱い

マヌカハニーには高い抗菌活性があるので、なかにはお腹を下す人もいるという口コミも通販サイトでみかけることがあります。その場合は、グレードが低いものか、少量から試してみましょう。

↑目次へ戻る

マヌカハニーを高齢者こそ食べたほうがいい理由まとめ

今回のコラムでは、「【マヌカハニーと高齢者】食べても大丈夫?年配になるほど食べたほうがいい理由と注意点」をご紹介しました。

マヌカハニーは自然で安全な栄養豊富な食品でもあるため、積極的に高齢者が摂取するのに適してます。さらに、ピロリ菌など悪い菌に対しても効果が期待されていて、年齢が高い人ほど食べるべき蜂蜜です。

ただ、マヌカハニーならばどれでもいいというわけではなく、論文から推察すると高齢者が食べるなら抗菌活性グレードのUMF13+(MGO400+)以上が望ましいとされています。

もちろん、そのグレード以下であっても効果がないというわけではありません。価格とグレードを比較して、2~3か月を食べ続けやすいものを選ぶのが大切です。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルス マヌカハニーMGO400+ 500gは、2~3ヶ月分で信頼度とコスパの良さが魅力です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、グレードが多く、同じブランドで挑戦しやすいのが特徴です。