コラム

【マヌカオイルとティーツリーオイルの違い】2つのオイルは何が違うの?

マヌカオイルとティーツリーオイルの違いについて知りたい人向け。

「マヌカオイルとティーツリーオイルという2つのオイルがあるんだけど、何が違うの?同じアロマなのか知りたいな。」

こういった疑問にお答えします。

こんにちは、ニュージーランド在住のマヌカハニー男子です。

当サイトではブログを書きつつ、マヌカハニーの最新情報をお伝えしています。

マヌカオイルとは、マヌカの花から採取できるオイルのこと。殺菌作用が強く、消毒などにも使われるくらいニュージーランドでは有名です。

ただ、マヌカオイルという名称以外にも「ティーツリーオイル」と呼ばれてることがあり、何が違うのか?どちらを買えばいいのか?で迷うことがあります。

実際に、ニュージーランドでも「マヌカオイル」と「ティーツリーオイル」がスーパーや薬局で販売されているのを見かけることがあります。

この2つは何が違うのでしょうか?そして、どちらがいいのでしょうか?

そこで、今回は「マヌカオイルとティーツリーオイルの違いは?」をご紹介します。

このコラムでは、「マヌカオイルとティーツリーオイルの違い」が分かります。

マヌカオイルとティーツリーオイルの違いを知って、目的にあったオイルを購入しましょう!

マヌカオイルとティーツリーオイルの違いは?

マヌカオイルとティーツリーオイルは、採れる植物が違い、成分が違います。

  • マヌカオイルとは
  • ティーツリーオイルとは
  • マヌカオイルとティーツリーオイルの違い

マヌカオイルとは

マヌカオイルは、その名の通りマヌカハニーで知られるマヌカの木から採れたオイルです。

ニュージーランドの原住民であるマオリ族が古くから薬として使っていた歴史があります。

マヌカオイルには高い抗菌・殺菌力があり、マヌカハニーと比べてもエッセンスが詰まったマヌカオイルの方が力が強いとされています。

使い方は香りとして楽しんだり、かゆみのある場所や切り傷に塗れる万能薬のような存在なので、ニュージーランドの家庭ではよく見かけるオイルになります。

ティーツリーオイルとは

created by Rinker
TEA TREE THERAPY
¥2,680
(2020/09/26 02:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

「ティーツリー」(Tea Tree)は、フトモモ科の植物。

そう、フトモモ科の植物といえばニュージーランドにもあるマヌカの木。類似種ではあるのですが、マヌカの木と別の木から採れたオーストラリアのオイルがティーツリーオイルです。

昔の大航海時代にオーストラリアからニュージーランドに渡ってくる際に、ティーツリーオイルも伝わってきましたが、同じフトモモ科の植物であったために呼び方が混在してしまったのです。

では、マヌカオイルとティーツリーオイルは何が違うのでしょうか?

マヌカオイルとティーツリーオイルの違い

ニュージーランドではマヌカオイルのことをティーツリーオイルと呼ぶこともあり、よく混同されがちです。

でも、類似種ではあるがマヌカの木は、オーストラリアのティーツリーとは別の植物になります。

そのため、マヌカオイルとティーツリーオイルとでは、オイルの成分や香りが異なっています

主に日本で市販され、アロマなどに使用されているティーツリーオイルは、オーストラリアのティーツリーから精製されたオイル。

ニュージーランドではどちらかというと、薬局やスーパーで売られているのはオーストラリア産のティーツリーオイルが多いですね。

理由の一つとしては、「ティーツリーオイル」に比べて「マヌカオイル」はアロマとしての効能成分が少ないとされているためです。

アロマとしての効能を期待する場合はティーツリーオイルを購入した方がよく、消毒などの目的では「マヌカオイル」を購入するのも選び方のひとつです。

ただ、マヌカオイルとティーツリーオイルは共に抗菌・殺菌が非常に高く、自然由来の成分なので安心して使用することができます。

まとめ:マヌカオイルとティーツリーオイルの違いは、成分や香りが違います!

マヌカオイルとティーツリーオイルの違いは採れる植物の違いはありますが、両オイル共に高い抗菌・殺菌力があるので、これらの目的ならどちらもおすすめです。

https://www.manukahoneydaisuki.com/manukaoil/

マヌカハニーの信頼できるブランドおすすめ10選