マヌカのど飴

【マヌカヘルス マヌカハニーのど飴レビュー】口コミ・評判を徹底検証|プロポリス配合でダブル効果

マヌカヘルスのど飴

マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の口コミや評判を知りたい人向け。

マヌカハニーのど飴の中でもプロポリスも入っているマヌカヘルスのキャンディーはどうなのかな。口コミや評判を知りたいな。
Mitsuki
Mitsuki
殺菌効果のあるマヌカハニーとプロポリスが配合されているから人気だよ。

蜂蜜の中でも別格の扱いされているマヌカハニーは高い抗菌活性があることで知られています。そのため、喉が痛いと感じた時になめる「マヌカハニーのど飴」に注目が集まっています。

容器に入ったマヌカハニーを持ち運ぶことは難しいですが、のど飴なら持ち運びやすく簡単に食べることができるので便利です。

最近ではマヌカハニーの知名度と共にマヌカが配合された喉あめが数多く市販されるようになりました。

その中でも、マヌカヘルス マヌカハニーのど飴はニュージーランド養蜂メーカーが作る本格的な喉あめとして効果が期待されています。

でも、マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の口コミや評判や実際にどのような味なのか気になりますよね。

そこで、今回は「【マヌカヘルス マヌカハニーのど飴レビュー】口コミ・評判を徹底検証!プロポリス配合でダブル効果」をご紹介します。

マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の特徴

マヌカヘルスのど飴

メーカー マヌカヘルス
マヌカ配合率 4.5%
マヌカ以外の主な配合成分 プロポリス
内容量 250g(58粒)

マヌカヘルス社は、ニュージーランドのマヌカハニー業界の中でも大手養蜂メーカーです。マヌカヘルス社の青いパッケージ容器のマヌカハニーは人気がありますよね。

そのマヌカヘルス社のど飴には、マヌカの木から採蜜された抗菌活性があるマヌカハニーと高い殺菌作用があるプロポリスが配合されています

そこで、マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の特徴をご紹介していきましょう。主な特徴は、以下の3つです。

  • 特徴1.MGO400+の高レベルのマヌカハニーが配合されている
  • 特徴2.マヌカハニー以外にもプロポリスが配合されている
  • 特徴3.価格は高いが大容量(58個入り)でコスパがいい

特徴1.MGO400+の高レベルのマヌカハニーが配合されている

マヌカヘルス社のど飴には、マヌカハニーのMGO(メチルグリオキサール)400mg/Kgが含有しているので、アクティブ・マヌカハニーと呼ばれるUMF10+(MGO263+)をはるかに超える量が含有されています。

特徴2.マヌカハニー以外にもプロポリスが配合されている

高い殺菌効果のあるプロポリスが含まれています。プロポリスとは、蜂の巣の入り口に塗られた物質で外敵から巣を守る役割を果たしています。

そのプロポリスには高い殺菌効果以外にも「抗酸化作用があるフラボノイドも含有」されています。抗酸化作用とはアンチエイジングとしても知られていて、身体に様々な影響を与える酸化を防ぐ役割があります。

特徴3.価格は高いが大容量(58個入り)でコスパがいい

今回、ご紹介しているマヌカヘルス マヌカハニーのど飴は普通の喉あめと比べると決して安い価格ではありません。

ただ、そのマヌカハニー&プロポリスの効果と58個の大容量を考えるとコストパフォーマンスに優れているのが分かると思います。

↑目次へ戻る

マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の口コミ・評判


では、マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の口コミや評判はどうなのでしょうか。

Mitsuki
Mitsuki
ピリピリ感はプロポリスが配合されているからだね。

Mitsuki
Mitsuki
殺菌効果が期待されているね。

Mitsuki
Mitsuki
濃厚な色をしているね。

Mitsuki
Mitsuki
声優さんやガイドさんなど声を使う職業に人気!

口コミ・評判を見ていると「声優御用達」や「喉の調子が良くなる」など、のどの調子が悪いときに美味しくケアできるという意見が多いですね。

プロポリスのピリっとした感覚がダメという意見が見つからなったのが意外でした。

↑目次へ戻る

マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の食べ方


マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の包装には、1日5回まで必要に応じて口の中で溶かしてください、と書かれています。それほど普通の喉あめと食べ方が異なるわけではありません。

ただ、プロポリスには「ピリッとした」感覚があるのが特徴です。このピリピリした感覚が苦手な人もいますが、逆にコレがないと効果がある感じがしないという意見もあります。

その点、マヌカヘルス マヌカハニーのど飴にはマヌカの甘みがありつつ、プロポリスのピリっと感があるのでバランスの良さがあります。

↑目次へ戻る

マヌカヘルス マヌカハニーのど飴の保管場所や注意点


マヌカヘルス マヌカハニーのど飴は、温度が高くなると溶けて袋に密着してしまうこともあるので、日光が当たらない冷暗所に保管するのが一番です。

特に生マヌカハニーと違って元々固形なので、冷蔵庫に入れても問題がありません。賞味期限も長いので、必要に応じて食べることできます。

ただ、マヌカハニーは蜂蜜由来のなので1歳未満の乳児に与えてはいけない上に、プロポリスが配合されているので6歳未満の子供には与えてはいけないとされています。

マヌカハニーよりも年齢制限が厳しくなっているので、子どもの手の届かない水がかからない乾燥した涼しいところに保管しましょう。蜂由来なので、当然アレルギーにも注意が必要です。

↑目次へ戻る

マヌカヘルス マヌカハニーのど飴まとめ

今回のコラムでは、「【マヌカヘルス マヌカハニーのど飴レビュー】口コミ・評判を徹底検証!プロポリス配合でダブル効果」をご紹介しました。

マヌカハニーには高い殺菌効果があるので、普通の喉あめを食べるよりも効果を期待している人もいるでしょう。

ただ、マヌカハニーのど飴といってもマヌカが配合されていればいいというわけではなく、抗菌活性レベルを表すMGOレベルや配合率をよく確認することが大切です。

なかでもマヌカヘルス マヌカハニーのど飴は、ニュージーランド養蜂メーカーが作る本格的なキャンディーなのでおすすめです。

↑目次へ戻る

\当サイトおすすめのマヌカハニー/

マヌカヘルスのマヌカハニーMGO400+ 500gは、ニュージーランド業界大手の養蜂メーカーが販売しています。MGO400+はUMF13+相当で、UMF10+以上のアクティブ・マヌカハニーのレベルです。信頼度とコスパの良さがおすすめの理由です。
ハニーマザーのマヌカハニーUMF10+ 500gは、日本の企業が現地法人から輸入している信頼できるブランドです。UMF10+はMGO263+に相当し、同じくアクティブ・マヌカハニーのレベルです。まろやかな口当たりで食べやすいのが特徴です。
エグモントハニーのマヌカハニーMGO263+ 500gは、MGO1200+以上を生産するニュージーランドの有名な養蜂メーカーです。幅広い品ぞろえがあるので、UMF10+を試してみて同じブランドで高いレベルに挑戦しやすいのが特徴です。