▶えっ、偽物ってあるの?信頼できる本物は>>>

【マヌカとカヌカの違い 】何が違う?カヌカハニーの特徴とは

カヌカハニー

マヌカハニーとカヌカハニーとの違いを知りたい人向けです。

ニュージーランドでカヌカというのを見つけたけど、マヌカとは違うらしい。でも、カヌカハニーにもマヌカハニーと違いがあると聞いたので何にいいのか知りたいな。

当サイトでは、今までに10以上の販売店を訪れたり、30種類以上のマヌカハニーを試してきた管理者がマヌカハニーのおすすめ情報を紹介しています。

ニュージーランドのハチミツと言えばマヌカハニーが有名です。

ただ、マヌカハニー以外にも様々なハチミツが採れます。有名なところでは、ポフツカワ、レワレワ、ホワイトクローバーなどがありますね。

そのなかでもマヌカハニーと名前が似ているカヌカハニーは、次のマヌカハニーと呼ばれている注目の蜂蜜です。

そこで今回は、「【マヌカとカヌカの違い 】何が違う?カヌカハニーの特徴とは」をご紹介しようと思います。

目次

そもそも、カヌカハニーとは?

カヌカの花は同じような白い花を咲かせるので、見た目にはマヌカの花に似ています。

カヌカの花
カヌカの花
マヌカの花
マヌカの花

そっくりですよね。実は、カヌカはマヌカの親戚のような存在の花なので仕方がないかもしれません。

昔はマヌカハニーにカヌカハニーを混合させてマヌカハニーとして蜂蜜を販売されていました。

ただ、カヌカとマヌカは違う花なので混ぜるのはどうなの?ということから、はカヌカハニーだけとして市販されています。

では、似ている2つの蜂蜜に違いはあるのでしょうか?

マヌカとカヌカの違い

マヌカとカヌカの大きな違いは、抗菌活性成分であるMGOの含有量です。

カヌカとマヌカの花は親戚関係という話をしましたが、どちらにも高い抗菌力があることが知られています。

特にマヌカハニーにはMGO(メチルグリオキサール)という成分が含まれています。

マヌカハニーのボトルにMGO30+、100+、250+、400+、550+などの記載があるものがMGO表記です。

このMGOというのは、マヌカハニーの抗菌活性成分である食物メチルグリオキサルで、ボトルにはMGOの量が表示されています。

このMGOは、抗菌作用がある成分として知られており、この数値が高ければ高いほど抗菌力があるとされています。

しかし、このカヌカにはMGOがほとんど含まれていません。

もし、抗菌活性力を求めるのであれば、カヌカハニーよりもマヌカハニーがおすすめです。

では、カヌカハニーは抗菌活性力がほとんどないことが分かった。では、別の効果はあるのでしょうか?

カヌカハニーの効果

カヌカハニーにはMGOがほとんど含まれていませんが、アラビノガラクタン(AGP)成分が豊富に含有しているのが特徴です。

AGPは難しそうな成分名ですが、カヌカハニーは口内のトラブルで困っている方にはおすすめの蜂蜜

マヌカハニーと比べると知名度が低いですが、効果はマヌカハニー以上ともいわれているので、今後研究が進んでいくでしょう。

まとめ

今回のコラムでは「【カヌカハニーはマヌカハニーと同じ?】間違えやすいカヌカとマヌカ」をご紹介しました。

カヌカハニーは、次のマヌカハニーといわれるくらい効果が期待されている蜂蜜です。現在も研究が進んでいるので、新たな発見が見つかる知れません。

日本ではまだまだ手に入りにくいので、カヌカハニーを食べる機会があれば是非試してみましょう。

目次
閉じる