▶偽物!?信頼できるマカヌカハニーはコチラ>>>

【グランズレメディの使い方】履かない時は?白くならない方法とは

グランズレメディの使い方

グランズレメディの履かない時の使い方を知りたい人向けです。

足の消臭にいいらしいけど、グランズレメディの使い方を知りたいな。毎日、靴を履かないし、パンプスにも使えるのかな。
Mitsuki
靴に粉を入れるだけだけど、注意点もあります。

足の消臭力があるとされる、グランズレメディ。20年以上前からニュージーランドで販売されている靴の消臭剤として人気です。

魔法の白い粉として知られていますが、どうやって使えばいいのか悩んでしまいますよね。

靴に入れたままでいいの?足の直接つける?などといった色々な疑問に回答したいと思います。

そこで、今回は「【グランズレメディの使い方】履かない時は?白くならない方法とは」をご紹介します。

目次

どうやって使う?グランズレメディの使い方

基本的にはグランズレメディに付属しているスプーン1杯(0.5g)分を靴の中に1日1回入れることを7日間繰り返します

公式サイトでは、その効果は最大で6ヶ月も維持されるということなので、コストパフォーマンスが高いと言えますね。

では、どのような靴に利用できるのでしょうか?

グランズレメディが利用できる靴の種類

実は、グランスレメディはどのような靴にも利用することができます。

  • 営業靴・ビジネスシューズ
  • ブーツ
  • パンプス
  • ハイヒール
  • スポーツシューズ
  • サンダル
  • 登山靴
  • 子供靴・上履き
  • サンダル
  • 登山靴
  • 安全靴・作業靴

特に毎日履くようなビジネスシューズやパンプスでは臭いがこもりがちなので、グランスレメディを利用するべきでしょう。

さらに、簡単に洗えないブーツなどでは毎回洗うわけにもいかないので、グランスレメディが効果的です。

履かない時は?グランスレメディを使うタイミング

基本は、下記の3つです。

  • 靴を履く前に入れる
  • 靴を履き終わった時に入れる
  • 靴を履かない時に入れる

基本的に靴にグランスレメディを入れるだけでは意味がなく、履くことによって靴に粉が吸収されやすくなります。

そのため、よく利用する靴の中に入れるのがおすすめです。

ただ、そうなると7日間靴を履くことになりますよね。ただ、営業などでも同じ靴を毎日履かないよ!という人もいるかもしれません。

その際は、たまにしか同じ靴を履かない場合は、履くごとにグランズレメディをスプーン1杯入れることで大丈夫です。

これで履かない時の使い方も分かった。じゃあ「どこでグランズレメディを買えばいいの?」と思う人もいるでしょう。

購入するなら、「正規保証書ゴールドシール付きが安心」です。正規品を購入するなら、下記からがおすすめです!

ただ、使い方が簡単なグランズレメディですが、注意をしないといけないポイントがあります。

グランズレメディを使用する際の注意点

散布後に白い粉が靴下などにつきます。特に黒い靴下などでは白い粉が目立ちます

営業回りで靴を脱いで部屋に上がらないといけなかったりすると恥ずかしい思いをするかもしれません。

ただ、履いていると自然に靴に白い粉が吸収されていくので、そのままにしておいても問題はありません。

もし、生足についたとしても成分が鉱物の粉とマヌカオイルなどで作られているので安心です。

靴下が白くなっても困らない使い方

靴の中に白い粉をいれるだけでは効果はなく、履いてなじませる必要があります。そのため、白い粉がついても困らないような使い方をするべきでしょう。

ただ、消臭効果を期待しているのであれば、そこは白くなっても困らない使い方をするしかありません

使い方のポイントは、以下のとおりです。

  • 色が目立たない白い靴下をはく
  • 出先で靴を脱ぐ場面の時は控える
  • 仕事や学校の休みの時だけ履く

これも1週間もするとなじんでくるので白い粉は目立たなくなります。

グランズレメディのよくある質問

グランズレメディのよくある質問をあげてみました。

  • Q1.足に直接つけてもいいの?
  • Q2.グランズレメディはワキガにいいの?
  • Q3.シーズン後はどうしたらいいの?
  • Q4.グランズレメディは水虫にいいの?
  • Q5.グランズレメディは水に溶かす?

Q1.足に直接つけてもいいの?

グランズレメディは一般的に靴の中に入れて使用しますが、足の消臭なら直接つけてもいいのかという疑問があります。

自然な成分で作れているので害はありませんが、本来の使い方ではないではないですし、足につけても粉が落ちてしまうででしょう。

Q2.グランズレメディはワキガにいいの?

足の消臭に意味があるとされているグランズレメディですが、同じ匂いならワキガにも意味があるのではないかと思われている人もいます。

本来の使い方ではない上に、足に直接つけるのと同様に粉が落ちてしまうので有効ではないのでおすすめできません。

Q3.シーズン後はどうしたらいいの?

季節ごとに履く靴は、片付ける前にグランズレメディを使用して、そのまま放置するだけで大丈夫です。

公式サイトでも1年保管できるとされています。

Q4.グランズレメディは水虫にいいの?

グランズレメディは水虫は直接関係はありません。靴内の消臭が目的です。

Q5.グランズレメディは水に溶かす?

グランズレメディは水に溶かさず、粉のまま靴内にいれましょう。履いているうちにミョウバンが水に溶けて酸性化され、菌の増殖を抑えることができます。

無香料・フローラル・クールミントの違い

グランズレメディを利用するなら、まずは無香料がおすすめです。

グランズレメディの無香料・フローラル・クールミントの違いは、以下のとおりです。

  • 無香料
  • クールミント
  • フローラル

グランズレメディの無香料

まずは臭いが消えるかをお試しに!

グランズレメディのクールミント

青ラベルがポイント。ミントの香りがさわやか。

グランズレメディのフローラル

オレンジラベルがポイント。ほのかなフラワーの香り。

どのグランズレメディでも効果は同じですが、より臭いが気になる方は、クールミントかフローラルを利用しましょう。

グランズレメディの使い方まとめ

今回のコラムでは、「【グランズレメディの使い方】履かない時は?白くならない方法とは」をご紹介しました。

グランズレメディの使い方は簡単で靴に1日1回付属スプーン1杯(0.5g)を7日間入れて履くだけです。

ただ、毎日履かない場合でも日にちが空いても履くときに粉を入れれば大丈夫です。

ただ、白い粉なのですぐに靴に吸収されるわけではなく、グランズレメディを使ったまま営業先で靴を脱いで部屋に上がるときなどは要注意です。

特に黒い靴下など粉がつくと目立ちます。

目次
閉じる