コラム

【免税】ニュージーランドの空港でマヌカハニーは安く買える?

オークランドやクラストチャーチの空港でマヌカハニーが安く買えるかどうか知りたい人向け。

「ニュージーランドのお土産さんやスーパーでマヌカハニーを買おうと思っているけど、空港なら免税なので安く買えるのかな。」

こんにちは、ニュージーランド在住のマヌカハニー男子です。

当サイトではブログを書きつつ、マヌカハニーの最新情報をお伝えしています。

最近、日本から旅行でニュージーランドに遊びに来た友人から「マヌカハニーは免税になるならニュージーランドの空港で買った方が安いの?」と聞かれました。

オークランド空港だと国際空港になるので、入国審査をすると一般的には免税店が並んでいます。

その免税店なら市内と比べて安くマヌカハニーを買うことができるのでしょうか?

そこで、今回は「ニュージーランドの空港でマヌカハニーを安く買える?」をご紹介します。

このコラムでは、「マヌカハニーを安く買うなら空港かどうか」が分かります。

ニュージーランドでマヌカハニーを安く購入するときのコツを知っておきましょう!

ニュージーランドの空港でマヌカハニーを安く買える?

免税後でも元々定価で売られているので意外と安くならないことが多くなります。

免税店で購入するほうがマヌカハニーを安く買えると思われがちですが、市内で購入したほうが安くなる場合があるので注意が必要です。

一般的に空港の免税店でマヌカハニーを購入する場合には、入国手続き前に購入できる販売店がないので、ニュージーランドから出国する際に空港で購入することになります。

一旦、出国手続きをして出国審査が終わると外でマヌカハニーを購入することができなくなるので、出国審査前の空港の販売店か市内でマヌカハニーを購入することになります。

では、なぜ「免税になる空港内ではマヌカハニーが安く買えないことが多い」のでしょうか。

空港内ではマヌカハニーが安く買えない理由

  • ニュージーランドの消費税は15%
  • 空港内でマヌカハニーが安く買えない理由
  • 出国審査前にマヌカハニーを買うときの注意点

ニュージーランドの消費税は15%

入国審査後では免税価格が商品が買うことができることはご存知だと思いますが、有名ブランドの時計とかアクセサリー以外にも食べ物なども免税価格で購入することができます。

ちなみにニュージーランドの消費税は2020年現在で15%です。日本と比べても高いのですね。なので、15%免税価格で購入できるとお得になりますよね。

ただし、ニュージーランドの入国審査前ではマヌカハニーの販売店は少ないので免税扱いになりません。空港内でマヌカハニーを買うなら出国審査後のほうがおすすめです。では、免税価格なら安く買えるのでしょうか?

空港内でマヌカハニーが安く買えない理由

意外と市内で購入する方が安くマヌカハニーを購入することができます。なぜなら、市内では販売しているマヌカハニーは定価よりも大幅に安いからです。

免税と言ってもオリジナル価格からになるので、多くの場合は市内では免税後よりも安い価格でマヌカハニーが販売されています。

空港内で出国審査後にマヌカハニーが買えますが、もともと免税価格で買えるので、UMFやMGO数値が高いもの=価格が高いマヌカハニー、が販売されています。なので、珍しいブランドのマヌカハニーが買える可能性があります。

ただ、一般的なブランドのマヌカハニーは限られていて、マヌカヘルスやコンビタなどが購入可能ですが、価格は高めに設定されていますね。

出国審査前にマヌカハニーを買うときの注意点

ニュージーランドから出国する手続きをする前に、お土産屋さんなどでマヌカハニーを買うことができます。ただし、出国審査前なので免税扱いにはなりません。ただ、出国審査前にマヌカハニーを購入する場合は注意が必要です。

実は、ほとんどの国際線航空会社では液体物の持ち込み制限があり、国際的なルールでか各航空会社で下記の制限がかけられています。

手荷物として持ち込むための、パッケージ方法について

100ml(g)以下の容器に入った液体物で、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れてください。

※100ml以下の容器であったとしても、透明のプラスチック製袋に入っていない場合は持ち込みができません。
持ち込みにご利用できる透明プラスチック製袋のサイズの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以下になります。マチ付きの物は容量が1リットルを超えてしまいますので、使用はできません。

出典:成田空港Security Guide

液体物を航空機内に持ち込めるのは、100ml以下で、さらに透明のプラスチック製袋に入っている必要があります。

この液体物には香水はもちろん、歯磨き粉やクリームなどの半固形化したものも含まれています。一般的な目薬の容器が約20mlなので、約5本分の量になります。

「マヌカハニーは液体物扱いになる」ので注意が必要です。

一般的なマヌカハニーの容器は250gなので機内に持ち込むことは難しいですね。必ずスーツケースに入れておきましょう。

マヌカハニーを空港内で買うメリット

では、マヌカハニーをオークランドやクラストチャージのような国際空港内で買うメリットはないのでしょうか?

実は、市内ではあまり見かけない高いMGOレベルやUMFレベルのマヌカハニーを購入することができる場合があります。

免税店だけあって市内のスーパーなどではあまり見かけることのないUMF15+やUMF20+などの高いレベルのマヌカハニーが普通に販売されています。

そういう意味では、空港では市内では手に入りにくい高レベルの貴重なマヌカハニーを購入することができるのがメリットです。

さらに、出国審査後であれば、上記のような液体物の制限も受けなくなるので、機内持ち込みの手荷物としてマヌカハニーを持ち込むことができるようになります。

日本へのマヌカハニーの持ち込み制限はあるの?

それでは、日本に到着したマヌカハニーは持ち込めないということはあるのでしょうか。現在、日本へのはちみつの持ち込みは禁止されていません。安心して持ち込むことができます。

ただし、ニュージーランドやオーストラリアなどは自然環境に対してのルールが厳しく、逆にニュージーランドに入国する際には蜂蜜を持ち込むことは禁止されているの注意が必要です。

違反した際の罰金も高額なので、ニュージーランドに入国する際には、はちみつを持っていないかどうかに注意しましょう。

ニュージーランドの空港ではマヌカハニーが安く買えないことがほとんど!

個人的には時間が無くて空港でマヌカハニーを購入することがない限り、事前に市内でマヌカハニーを購入した方が安く買うことができます。

一部の空港内の免税店ではMGOやUMFの数値が高い貴重なマヌカハニーが販売されている場合があるので、高いMGOやUMF数値を求めているマヌカハニーを探している人には空港内でも購入するメリットがあります。

但し、マヌカハニーは空港内でも購入できますが、液体物扱いになるので注意しましょう。

空港内では買うことができるお店が限られていて、もともと価格が高いので、「免税だからといって必ずしも安くない」が実情ですね。

マヌカハニーの信頼できるブランドおすすめ10選